ゲーム・オブ・スローンズの「Iron Throne(鉄の玉座)」デザイン・スマホ充電スタンドを自作する


アメリカのHBOの人気ドラマ「ゲームオブスローンズ」に登場した「Iron Throne(鉄の玉座)」をモチーフにしたスマートフォン充電スタンドを自作する様子がムービーで公開されています。グルーガンを駆使して、気の遠くなるような手の込んだ「塗り」によって、リアルな仕上がりを実現してます。

Making an Iron Throne Phone Charger || DIY - YouTube


この紫色の充電ケーブルを、スマートフォンスタンドの受電用に使います。


プラスチック製のカクテルソード


柄の部分はカットします。


左のような状態にすれば、鉄の玉座に似つかわしい剣になるというわけです。


ということで、ひたすらカットする作業。


2パック600本の剣が完成。


次に王座を作るため、MDF板を切り取ります。


下書きが終了。


下書き通りに切り出して……


王座用の部品がそろいました。


接着剤でくっつけ合わせて……


万力で挟み込んでしっかりと固定します。


王座の完成。


L字のアングルに接着剤をつけて……


裏から補強しました。


これが充電するAndroidスマートフォン。


スポンジを切って……


グルーガンを……


接着剤代わりに、スポンジを貼り付けます。


裏にもしっかりと取り付けました。


次に灰色の布を貼り付ける作業。


貼り付けるのはやはりグルーガンで。


カッターで切り込みを入れつつ、ぴったりと貼り付けます。


いよいよ剣の取り付け。やはり接着剤はグルーガンで代用。


ひたすらに剣を貼っていきます。


剣の貼り付けもほどほどに、スマートフォンを置いて、位置を決定。


長さを測ったら……


その場所に合わせて裏からドリルで穴を2つ開けました。


穴をつなぐように、ヤスリがけ。


是面の下からUSBケーブルの充電端子が挿し込まれました。


底の足の部分をドリルで削ると……


ケーブルを挟み込みます。


ケーブルの仮止めが終わったら、座面にもグルーガン。


スポンジを貼り付けました。


スマートフォンをはさみこむ、クッションのようです。


スポンジにグルーガンを塗って……


布を貼っていきます。


ぐるりと取り囲むように貼り終えました。


次に、ホットガン(ヒートガン)で剣を加熱して……


クイっと曲げました。


剣を挿し込まずに、折れ曲げた足を使って固定しています。


ある程度、剣が取り付けられた状態で、スマートフォンを試し置き。


そして、裏側にも剣をひたすら取り付けていきます。


側面にも。


これでもかというくらい、ただひたすらに剣を貼り付けていきます。


続いて塗装。


全体に黒色のスプレーを吹き付けます。


真っ黒になりました。


続いて、ペースト状の塗料。


剣1本1本を筆で塗っていきます。


気の遠くなるような作業です。


塗り終わるとこんな感じ。奥が黒色なので、立体感が際立っています。


さらに銅色のペースト塗料。


柄(つか)だけを、銅色に塗っていきます。


塗りおえると、USBケーブルを座面から取り回して……


スマートフォンに接続。


そのままの状態で、スポンジの隙間にはめ込んだら……


裏からたっぷりのグルーガンでしかりと固定。


もう一度スマートフォンを挿し込むと……


無事、充電できました。


ということで、とてつもない根気のいる作業ですが、鉄の玉座スマートフォン充電スタンドが完成しました。

・関連記事
スマホをピタッとくっつけて机に置けるスタイリッシュなアルミ製スタンド「Milo」を使ってみた - GIGAZINE

職人の本気を感じるスマホスタンド「食品サンプルスタンド」4種類は見るだけでお腹がすいてくるクオリティ - GIGAZINE

自由自在にクネクネ曲がりつつもしっかり自立してスマホスタンドにもなるUSBケーブル「Une Bobine」を使ってみた - GIGAZINE

木材加工のプロ集団がデザインから作成までを行ったiPhone用の木製ケース&スタンド - GIGAZINE

制作時間10秒、便利で格安なiPhoneスタンドを手作りしてみた - GIGAZINE

スマホやタブレットをどこでも固定可能で悪影響のない磁石「Neutron S」 - GIGAZINE

99

in モバイル,  ハードウェア,  動画, Posted by logv_to