「ベッドシーツはどれくらいの頻度で洗濯するべきなのか?」微生物学者が説明

By Project 404

人間は人生の3分の1をベッドの上で過ごすといわれ、毎日使うベッドや枕は清潔に保つ必要があります。特に気温と湿度が上がる夏の時期に、ベッドは「理想的な菌類の培養地」となるため、健康に害を及ぼす可能性も高くなってしまうのですが、「どれくらいの頻度でベッドシーツを洗濯するべきなのか?」「ベッドシーツを洗わないと何が起きるのか?」ということが説明されています。

How often you should wash bed sheets - Business Insider
http://uk.businessinsider.com/how-often-to-wash-bed-sheets-2017-6


寝具の真菌汚染について調査した研究によると、人間は年間約100リットルもの汗をかくことがわかっています。これに加えて気温と湿度が高い時期になると、ベッドは「理想的な菌類の培養地」となり、菌類やカビが繁殖しやすくなるとのこと。

研究では1年半~20年間使用された羽毛および合成繊維の枕に潜む菌類の汚染レベルが調査されたのですが、4種類~16種類の真菌が確認されています。眠っている人間からは汗・唾液・皮膚細胞・膣や肛門の排泄物由来の細菌がベッドに付着しますが、これに加えてペットのふけ・花粉・砂・ほこり・糸くず・ダニの死骸などがベッドに散乱することになります。ニューヨーク大学の微生物学者であるフィリップ・ティールノ氏によると、これらの物質は1週間で「著しい」分量になり、呼吸の度に鼻や口から吸引してしまうため、病気の引き金になる可能性もあるそうです。

By Lenneke Veerbeek

ベッドの使い方は人それぞれであるため、「清潔に使っていれば頻繁に洗わなくてもいいのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、ベッドを汚染する物質は「重力」によっても降り注ぎます。ベッドシーツや枕カバーなどの寝具は使い方に関係なく、少なくとも「週1回」のペースで洗濯する必要があるとのこと。ベッドに蓄積する汚染物質は、吸引するとアレルギーのない人に対してもくしゃみや喉の異変を引き起こすことがあり、ぜんそくなどのアレルギーを持っている人なら、より重度の症状を引き起こす可能性があるそうです。

ティールノ氏は「もし道で犬の糞を手で触ってしまったら、あなたは手を洗いたくなるはずです。洗っていないベッドは同じような状態だと考えて下さい。ベッドの汚れは目に見えませんが、あなたはそこで眠りたいと思いますか?」と話しています。

・関連記事
ぐちゃぐちゃのベッドを自動的にきれいに整えてくれ「ベッドメイク」を過去のものにするスマートベッド「SMARTDUVET」 - GIGAZINE

IKEAのふかふかベッドに寝転びながらくつろいで映画が楽しめる映画館 - GIGAZINE

無職から一転、布団カバーで巨万の富を築いたシングルマザー - GIGAZINE

283

in サイエンス,  メモ, Posted by darkhorse_log