200年ぶりに生まれた「新しい青色」の名前を決める投票受付中


2009年に研究室内で誕生した200年ぶりの「新しい青色」を、クレヨンメーカーが新色として発売することに決め、新しい名称を募集しています。「新しい青色」の名称は最終候補の5つまで絞られており、どの名称に決まるのか注目が集まっています。

The world has come up with the worst names for Crayola's new color
http://mashable.com/2017/06/30/top-five-new-crayola-crayon-names-vote/

青系統としては200年ぶりの新色が、2009年にオレゴン州立大学の研究室で誕生しました。この新しい青色は、アメリカの大手クレヨンメーカーである「Crayola」から新色のクレヨンとして発売されることが決定し、それと同時に新色のネーミングコンテストが開催されています。

研究室で生まれた新しい「青色」が老舗クレヨンメーカーの新色として登場することになって名前を募集中 - GIGAZINE


2017年5月の段階では広く名称を募集していたのですが、その中から最終候補の5つが選出されています。

・Dreams Come Blue(ドリームズ・カム・ブルー)
・Star Spangled Blue(スター・スパンコール・ブルー)
・Blue Moon Bliss(ブルー・ムーン・ブリス)
・Reach for the Stars(リーチ・フォア・ザ・スター)
・Bluetiful(ブルーティフル)


海外ニュースメディアのMashableは「世界はCrayolaの新しい色につける最悪の名前を思いついた」と、最終候補に残った5つを酷評しているのですが、Twitter上では意外にも好意的な意見が多く見られました。

「とってもキュートでクリエイティブだわ。この中からひとつ選ばなきゃいけないの?!」


「私はブルーティフルが好きだわ!!!!!子どもたちも遊び心のある言葉が好きなはず」


「私の4歳の子どもは『ドリームズ・カム・ブルー』が良いみたい」


「『ブルーティフル』と『スター・スパンコール・ブルー』のどちらにしようか決められない!」


「『ブルー・ムーン・ブリス』が大好きだ!」


最終候補5つへの投票期間は7月1日から8月31日までで、以下のページから投票できます。なお、最終的な「新しい青色」の名称は9月に発表される予定です。

Name the New Color | Crayola | crayola.com

・関連記事
本当は灰色なのにイチゴが赤く見えてしまう錯視画像が話題沸騰中 - GIGAZINE

なぜインターネットでは「青色」が多用されているのか? - GIGAZINE

「色が変わるドレス」のような色の錯覚作品12パターン - GIGAZINE

マーケティングにおける色彩心理学の本当の使い方 - GIGAZINE

212

in デザイン, Posted by logu_ii