試食

クレームブリュレのようにカリカリ&とろりとしたドーナツに冷たいアイスを組み合わせた温&冷スイーツ「ブリュレ グレーズド アイス」を食べてきた


クリスピー・クリーム・ドーナツが2017年6月21日(水)から、ドーナツの表面をキャラメリゼし、中にはクリームを閉じ込めた「ブリュレ グレーズド」に、アイスやストロベリーソース、キャラメルソースをトッピングした「ブリュレ グレーズド アイス」を提供開始しています。ドーナツに冷たいアイスがとろける新食感デザートになっているとのことなので、実際にお店に行って食べてきました。

Krispy Kreme Doughnuts | WHAT'S NEW
http://krispykreme.jp/news/index.html#wn170621

クリスピー・クリーム・ドーナツに到着。


ショーケースにそれらしいものは並んでいませんが……


ショーケースの上に写真が置かれていました。温かいドーナツと冷たいアイスが組み合わされているので、注文後に作られていくようです。


ということで、注文後、10分ほどで商品が到着。ブリュレ グレーズド アイスはお皿ではなく、巨大なアイスクリームカップのようなものに入っています。+100円でアイスもしくはホットのコーヒー・紅茶がセットにできるので、セット注文してみました。


全長123.8mmのiPhone SEと比較するとこのくらいの大きさ。


カップの高さはこんな感じ。


ブリュレ グレーズド アイス「ブリュレ カスタード ストロベリー」は、ドーナツにのっかったバニラアイスの上に果肉がごろっと入ったストロベリーソースがかけられています。


もう1つのブリュレ グレーズド アイス「ブリュレ オレンジ キャラメル&グラノーラ」は、ビターキャラメルソースとグラノーラのトッピング。


先割れスプーンで食べてみようとしたところ、表面は「コツコツ」と音がするほどしっかりとキャラメリゼされていました。


キャラメリゼはパリパリの小気味よい食感で、ほんのり温かいドーナツはそれとは対照的にふわふわ、グラノーラはさくさくといろんな食感が入り交じっています。かなりしっかりとした甘さでコーヒーや紅茶が欲しくなりますが、これはキャラメルの味ではないような?と思いドーナツをよく見てみると……


生地の中からオレンジ色のソースが流れ出ていました。外からはわかりませんでしたが、生地の中にはたっぷりとオレンジフィリングが隠れており、「キャラメル風味」と考えて食べると驚いてしまうほどのマーマレード感。キャラメルソースを圧倒しています。


もう1つの「ブリュレ カスタード ストロベリー」も試食。これも、先割れスプーンを差し込むと、パリパリと小気味のいい感触がスプーンから伝わってきます。


生地の中に入っているのは、オレンジフィリングではなくカスタードソース。


果肉たっぷりのいちごソースは甘酸っぱく、手作りのいちごジャムのような少し懐かしい雰囲気で、カスタードとの組み合わせは相性抜群。スタンダードで間違いのない仕上がりです。こっちもキャラメリゼされた甘いドーナツに+カスタード+アイス+いちごソースとどんどん甘味を追加していっているので、甘さが補給したくなる15時のおやつにぴったりでした。


ブリュレ グレーズド アイスはいずれも税込450円で、+100円でコーヒーまたは紅茶をセットにすることが可能。なお、以下の店舗では提供が行われていないので、事前にチェックしておきましょう。

イオンモール川口前川ウエストモール店、アトレ浦和店、サカエチカ店、イオンタウンユーカリが丘店、
横浜ジョイナス店、キュービックプラザ新横浜店、イオンモールナゴヤドーム前店、
ジェイアール名古屋タカシマヤ店、JR川崎駅構内店、東急プラザ蒲田店、舞浜イクスピアリ店、
Mercedes me Tokyo HANEDA、新大阪駅店、なんばCITY本館北店、ルクア大阪店、シャポー市川店、
ディアモール大阪店、その他イベント・催事店舗。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
キャラメリゼでパリパリなのに中にクリームたっぷりのクレープを出す神戸「ヒステリックジャム」に行って食べてきました - GIGAZINE

半世紀近い歴史を持つ喫茶店「ヘッケルン」のジャンボプリンを食べに行ってみた - GIGAZINE

日本一巨大なパフェ、コロンビアの「富士山」完食にチャレンジ - GIGAZINE

できたてドーナツが深夜0時に食べられる「DOUGHNUTPLANT 吉祥寺店兼セントラルキッチン」に行ってきました - GIGAZINE

ミスタードーナツが60分食べ放題な「ドーナツビュッフェ」突撃レポート - GIGAZINE

in 試食, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.