「手元の卵はまだ食べられるのか?」簡単にチェックできる5つの方法

By zhouxuan12345678

完全栄養食といわれるほど栄養豊富な「卵」は常に冷蔵庫にストックしておきたい食材のひとつ。一方で、パックから卵ポケットに移してしまうと賞味期限がわからなくなり、「この卵はまだ大丈夫なのか……?」と迷った経験がある人も多いはずです。そんな卵がまだ食べられるのかどうか、簡単にチェックできる5つの方法がまとめられています。

How To Tell If Eggs Are Bad: 5 Easy Ways To Check
https://www.littlethings.com/how-to-tell-if-eggs-are-bad/

卵の消費を推進するマーケティング組織のAmerican Egg Board(AEB)が「卵を新鮮に食べられる期間」を定めたガイドを公表しています。アメリカなどの諸外国では生玉子を食べる習慣がないため、日本とは卵の保存期間の概念が多少異なりますが、これらは「新鮮に食べられる期間」なので、「賞味期限」よりは短く設定されているとのこと。いずれもセ氏1.6度~4.4度の冷蔵庫で保管した卵で、保存状態ごとに卵をおいしく食べられる期間は以下の通りです。

・殻付きの生玉子:4~5週間
・殻が割れた生玉子:最長2日間
・白身のみ:最長4日間
・黄身のみ:最長2日間
・殻付きのゆで卵:最長1週間
・殻をむいたゆで卵:最高の鮮度で食べるには当日中

なお、卵を生で食べる場合はパックに書かれている賞味期限内に食べる必要がありますが、完全に加熱して食べる場合は賞味期限後も数週間食べられるといわれています。だからといって賞味期限が過ぎた卵がいつまで食べられるかは判断が難しいところなのですが、以下の5つの方法で卵が悪くなっているかどうかを確かめることが可能です。

◆1:ボウルチェック
卵の殻は多孔質なので、卵の内部の水分は時間とともに蒸発します。蒸発した水分は空気と入れ替わるため、古い卵は水に浮かび、新鮮な卵は水に沈むことになります。

1:ボウルに水を張って殻付きの卵を入れる。
2:底まで沈んで横倒しになる卵はまだ数週間食べられる新鮮な卵で、水面に浮かんだ卵はもう食べられない卵だと判別可能。


◆2:音チェック
1:殻付きの卵を手に取り、耳の近くで振り、注意深く音を聞く。
2:中身がみっちり詰まっていて何も聞こえなければ食べられる卵で、中から「パチャパチャ」という水っぽい音が聞こえたらもう食べられない卵。


◆3:目でチェック
1:卵の殻を少し割って中身を見る。
2:すき間から見て新鮮な卵なら明るい黄色、またはオレンジの黄身が見え、白身はあまり垂れない。悪い卵なら黄身は平べったく、白身が垂れやすくなる。もし悪い卵と判別できても、匂いがなければしっかり加熱すれば食べることは可能。


◆4:懐中電灯チェック
1:暗い部屋で懐中電灯と卵を用意する。
2:大きい方の卵の先端に懐中電灯の光を当てて、卵を左から右に素早く回す。
3:卵の中身が光に透けるので、殻の中の空気の量をチェックする。卵の中身がみっちり詰まっていれば新鮮な卵で、スカスカしていたら悪い卵と判別できる。


◆5:においチェック
1:殻付きの卵の匂いをチェックする。硫黄臭がしなければしっかり加熱して食べることが可能。
2:まだ疑わしい場合は卵を清潔な容器に割り入れて匂いをチェックする。硫黄臭がしなければしっかり加熱して食べることが可能。

・関連記事
牛乳を冷蔵庫のドアポケットに入れるべきではない理由とは? - GIGAZINE

食料の常温・冷蔵・冷凍での保存可能期間が一目で分かる図「The Shelf Life of Food」 - GIGAZINE

卵を割らずにそのまま2分間攪拌することでプリンができる「おかしなたまご まわしてまわしてまるごとプリン」を使ってみました - GIGAZINE

見た目はふつうの卵なのに中からプリンが出てくる「たまごまるごとプリン」を食べてみました - GIGAZINE

アゴが外れそうなサンドイッチで満腹になれる東銀座の喫茶店「アメリカン」 - GIGAZINE

朝からドカ盛りのモーニングが食べられる大阪の「喫茶Y」に行ってきた - GIGAZINE

207

in , Posted by darkhorse_log