iOS 11/macOS High Sierra/watchOS 4/tvOS 11のベータ2が公開


WWDC 2017の中で発表された「iOS 11」「macOS High Sierra」「tvOS 11」「watchOS 4」という4つのOSで2つ目の開発者向けベータ版(ベータ2)が公開されました。最初のベータ版が公開されたのはWWDC 2017の開催された翌日だったのですが、それから約2週間でベータ2の配信が開始となっています。

iOS 11
ひとつ目のベータ版が登場した際に明らかになっていたiOS 11の新機能や変更点は以下の通り。

iOS 11には自分が接続しているWi-Fiに友人をワンタップで招待できる「Wi-Fiシェア機能」が存在 - GIGAZINE


iOS 11からNFCタグが使用可能に、これまではApple Payでしか使えなかったiPhoneのNFCの機能拡張へ - GIGAZINE


iOS 11はしばらく使っていないアプリを自動でアンインストールできる - GIGAZINE


誰も話題にしていないiOS 11の大きな変更点は「音量表示」が変更されること - GIGAZINE


iOS 11ではコントロールセンターのデザインが大幅変化&自由にカスタム可能 - GIGAZINE


iOS 11では画像・動画フォーマットに「HEIF/HEVC」が導入されファイル容量が最大50%削減へ - GIGAZINE


9to5Macによると、ベータ2での変更点は「メッセージアプリのエコーにオレンジ色が追加された」「新しい検索オプションがApple Musicに追加された」「(iOS 11で新しく追加される)ファイルアプリで外部ストレージが表示されるようになった」「Do Not Disturb While Driving(運転を邪魔しないで)機能が利用可能になった」など。

Apple Musicに追加された新しい検索オプション


また、Mac Rumorsによると、iOS 11でiPad向けに追加されたDockは「設定」→「マルチタスク」から「最近表示されたものを表示」のオプションを無効にできるようになったそうです。その他、アプリ内でコントロールセンターを無効化するオプションが追加されており、これによりアプリ操作中にコントロールセンターが表示されることを防げるようになります。なお、このオプションを使用した場合はホーム画面からコントロールセンターにアクセスする必要がある模様。

加えて、SafariではConstant Properties、CSS Spring Animations、WebGPU、Web Animationsなどの実験的な機能を有効にするオプションが用意されているとのことです。

◆macOS High Sierra
macOS High Sierraのベータ2もMac App Store上で公開されています。macOS High SierraはiOS 11と同じく新しいファイルシステム「HEVC」をサポートしており、機械学習からVRコンテンツの制作まであらゆるものを実現するグラフィックステクノロジー「Metal 2」もサポートしています。

さらに、「Photos」アプリには編集ツールやアルバムへのアクセスを容易にする新しいサイドバーが追加され、編集ツールには「Curves」や「Selective Color」などの新しいオプションが追加されているとのこと。加えて、PhotoshopやPixelmatorのような外部編集アプリケーションもサポートしています。その他、「Safari」では速度の向上やデータトラッキングを防止する新しい機能が追加されており、「Spotlight」ではフライトステータス情報をサポートしました。

「macOS High Sierra」登場、Safariでのブラウジングが世界最速に - GIGAZINE


ベータ2では最初にリリースされたベータ版で発見された多くのバグが修正されています。

◆watchOS 4
Apple Watch向けの「watchOS 4」のベータ2も公開されています。watchOS 4では、新しいテキストUIやアプリのリスト表示など、OS全体でさまざまな変更が加えられています。

watchOS 4の新機能は以下のムービーにまとめられています。

50+ new watchOS 4 features / changes! - YouTube


これまでのアプリアイコンがパラパラと配置されたデザインは「グリッドビュー」


これは、新しく「リストビュー」に切り替え可能になります。


切替えるとこんな感じ。アプリの名称が表示されるので目当てのアプリを見つけやすくなりそう。


さらにはデジタルクラウンをクルクル回すとデザインが万華鏡のように変化するウォッチフェイスも新登場。


これはiPhoneの「写真」アプリで画像を選択して「Create Watch Face」をタップすると……


オリジナルの万華鏡デザインを作成することも可能。


他にも、iOS 11で実装される個人間送金機能はApple Watchからも利用可能に。


さらに、ワークアウトアプリは水泳にも対応します。


◆tvOS 11
Apple TV向けのOSである「tvOS 11」のベータ2も公開されています。tvOS 11の新機能はホーム画面の同期や、画面の「明るいモード」と「暗いモード」の自動切り替え、「AirPods」のサポートなどがあります。

なお、Appleは今月末にもパブリックベータ版の「iOS 11」「macOS High Sierra」「tvOS 11」「watchOS 4」をApple Beta Software Programからリリース予定となっているので、開発者以外でも実際に端末にOSをインストールして最新機能を体験してみることができます。

・関連記事
Apple「WWDC 2017」で発表された内容まとめ、「iMac Pro」が18コアXeon搭載・10.5インチ「iPad Pro」・Siri搭載のホームスピーカー「HomePod」など - GIGAZINE

新しい「iMac」は5K&VRに対応、より明るく高速な「過去最高のグラフィック」を実現 - GIGAZINE

販売価格55万円からのApple史上最強のデスクトップ「iMac Pro」が登場、最大18コアのXeonプロセッサ&Radeon Vega搭載のモンスターマシン - GIGAZINE

10.5インチ&12.9インチの「新しいiPad Pro」が登場、9.7インチはなくなりよりパワフルに進化 - GIGAZINE

AppleのSiri搭載ホームスピーカー「HomePod」が登場、日本での発売時期は未定 - GIGAZINE

81

in モバイル,  ソフトウェア,  動画, Posted by logu_ii