iOS 11では画像・動画フォーマットに「HEIF/HEVC」が導入されファイル容量が最大50%削減へ


2017年秋にもリリースが予測されるAppleのiOS 11では、カメラで撮影した画像と動画のフォーマットとして新たに「HEIF」と「HEVC(h.265)」が採用されることが明らかにされています。この変更により、画質は従来とほぼ変わることなくファイルの容量が最大で半分にまで減らすことが可能になりそうです。

iOS 11’s new HEIF/HEVC camera formats will save you 50% on storage | 9to5Mac
https://9to5mac.com/2017/06/08/ios-11s-new-heifhevc-camera-formats-will-save-you-50-on-storage/

iOS 11で採用されるHEIFとHEVCはそれぞれ「High Efficiency Image File Format(高効率イメージファイルフォーマット)」と「High Efficiency Video Coding(高効率ビデオコーディング)」の頭文字を取ったもので、文字どおり高い圧縮性を持つフォーマットです。これまで、iOS端末で撮影された画像や動画はJPGとh.264のフォーマットが採用されてきましたが、カメラの高性能化とともに増加するファイル容量に対応するために新たなフォーマットの採用に至っています。

HEIFは2015年に規格がファイナライズされた比較的新しいフォーマットで、その制定にはAppleが大きく関わってきたものとのこと。また、HEVC(h.265)も2013年にファイナライズされたもので、すでにBlu-rayなどのフォーマットとして活用される実績を持つフォーマットです。

開発者向けにリリースされているiOS 11のベータ版では、「設定」から新フォーマットへの切り替えができるようになっている模様。Apple関連メディアの「9to5Mac」では、新旧フォーマットを使って動画像を撮影してその違いを比較しています。

まず画像の比較として撮影されたのが、以下のニューヨークの夜景。JPGフォーマットで撮影した画像のファイル容量が2MBだったのに対し、新フォーマットのHEIFで撮影された画像(拡張子名「.HEIC」)のファイルは1.2MBと4割も容量が圧縮されていることがわかります。(元ファイルはココからzipファイルをダウンロードすることが可能)


また、動画の場合も、h.264でエンコードされたファイルが61.2MBだったのに対しHEVC(h.265)形式のファイルは33MBと、こちらは約46%も軽くなっていたとのこと。さらに、HEVCでは画面のブロックノイズを軽減する機能が備わっており、以下のようにより滑らかな仕上がりになっていることがわかります。Appleはまた、FaceTimeのビデオ通話でも「HEVC」フォーマットを導入しており、従来より少ないデータ通信量で高画質な通話を可能にしています。


なお、このフォーマットを使用するためには、端末に「A9チップ」が搭載されている必要があるとのことで、これはつまりiPhone 6s/6s Plus、そしてiPhone SE以降の端末が対象であることを意味しています。

・関連記事
H.265はH.264の半分のビットレートで同等画質を実現するのが実証される - GIGAZINE

H.264と同じ画質で半分のファイルサイズになる「H.265/HEVC」を体験する方法 - GIGAZINE

GPUを使ってH.265で爆速エンコードが可能な無料ソフト「A’s Video Converter」を使って4Kムービーをエンコードしてみた - GIGAZINE

iOS 11ではコントロールセンターのデザインが大幅変化&自由にカスタム可能 - GIGAZINE

誰も話題にしていないiOS 11の大きな変更点は「音量表示」が変更されること - GIGAZINE

176

in モバイル, Posted by logx_tm