トランプ大統領のTwitterアカウントのフォロワーの約半数は偽アカウント


ドナルド・トランプ大統領は公式Twitterアカウント「@realDonaldTrump」を通してさまざまな情報を発信しています。何かと話題なトランプ大統領だけあって、そのフォロワーの数はなんと3000万人を超えるのですが、その約半数は偽アカウントであるとニュースサイトのThe Next Webが報じています。

Nearly half of Trump's Twitter followers are fake. SAD!
https://thenextweb.com/politics/2017/05/31/nearly-half-of-trumps-twitter-followers-are-fake-sad/


トランプ大統領が2017年1月にアメリカの大統領に就任してから、公式Twitterアカウントのフォロワーはなんと1300万人以上増加しているそうです。フォロワーの数といえばTwitter上での注目度の高さを知るひとつの指標にもなり、日本で最も多くのフォロワーを持っているのは芸人の有吉弘行さんのアカウントで、その数は約660万人。わずか半年でその約2倍ものフォロワーが新規でトランプ大統領のTwitterアカウントをフォローしているということは、その注目度の高さをよく表していると言えます。

しかし、世の中にはTwitterのフォロワーを増加させるサービスなども存在しており、クレジットカードとお金さえあれば誰でも簡単にフォロワー数を増やすことができます。そして、トランプ大統領のTwitterアカウントも、実際には使用されていない「フォロワー数を増加させるためだけに作られたアカウント」にフォローされまくっていることが明らかになりました。

これを最初に見つけたのは脚本家のジョン・ニーヴン氏。ニーヴン氏は30日に「トランプのTwitterアカウントが突然300万フォロワーを獲得していたが、多くの人のブロックはそのままだ」という内容を投稿。そして、新しいフォロワーのほとんどがプロフィール画像やヘッダー画像を登録していない偽アカウントだったそうです。このツイートは記事作成時点で削除されてしまっていますが、BuzzFeedが指摘する通りInternet Archiveでトランプ大統領のTwitterアカウントをチェックしてみると、300万人ではないものの、2017年5月27日からの3日間でフォロワーが30万人も増加しています。


Twitterの偽アカウントを確認するオンラインサービス「Twitter Audit」によると、トランプ大統領のフォロワーの約51%が本物のTwitterユーザーで、残りの49%は偽アカウントであるとのこと。


著名人のTwitterアカウントのフォロワーはトランプ大統領のように偽アカウントばかりなのかというとそういうわけでもなく、2016年アメリカ合衆国大統領選挙でトランプ大統領と争ったヒラリー・クリントン氏のTwitterアカウントのフォローワーのうち偽アカウントの割合は39%、オバマ前大統領のフォローワーのうち偽アカウントの割合はわずか21%とのこと。

トランプ大統領が自身のTwitterアカウントのためにフォロワーを購入しているのかどうかは不明ですが、トランプ政権は過去に大統領就任式の対比写真を受けて報じられた「就任式への参加者は推定25万人」という報道はデマであり「150万人くらいに見えた」と反論しており、「トランプは虚栄心に恋している」とThe Next Webは記しています。

・関連記事
Twitterで35万件規模もの謎の偽アカウントのネットワークが見つかる - GIGAZINE

Twitterユーザーのうち最大4800万アカウントはボットであるという研究結果 - GIGAZINE

「偽SNSアカウント」で信用させてターゲットの情報を盗み出すサイバー攻撃「NEWSCASTER」とは? - GIGAZINE

Twitterのフォロワーを増加させるサービスが開始、なんと毎月最大2万人増加も - GIGAZINE

313

in ネットサービス,  メモ, Posted by logu_ii