手のひらサイズ空撮ドローン・DJI「Spark」発表、ハンドジェスチャー操作対応で障害物回避・自動追尾機能を搭載


DJIが同社のラインナップでは最小となる小型空撮ドローン「Spark」を発表して予約受付を開始しました。手のひらの上で離着陸が可能で、ハンドジェスチャーによる操作に対応するほか、同社のドローンに搭載されている障害物回避機能や対象物自動追尾機能を搭載しています。

Spark - Seize the Moment
http://www.dji.com/jp/spark

Sparkは4枚の小さなプロペラを持つドローン。同社の「Mavic PRO」と似通ったデザインとなっていますが、サイズは143×143×55mm、重量は300グラムと圧倒的に小さく・軽くなっています。


機首部分にはジンバルにマウントされた1/2.3インチCMOSセンサーカメラを搭載。FOV 81.9° 25mm (35mm版換算) f/2.6のレンズを採用し、最大静止画サイズ3968×2976、動画解像度1920×1080(FHD)@30pでの撮影が可能。なお、ジンバルは2軸ジンバルとなっています。


また、カメラで捉えた映像をもとに対象物を自動で追尾する「アクティブトラック」を搭載しています。


さらに、手のジェスチャーによってカメラのシャッターを操作できる「Selfies」機能を搭載するほか……


手のひらの動きでSparkの動きをコントロールできる「PalmControl」モードを搭載しています。これら、Sparkは上位機種からすべての機能を省略することなく受け継ぎ、さらに新しい機能を追加している点は評価に値すると言えそうです。


Sparkを紹介するDJIの公式映像がすでに公開されています。

DJI Spark 紹介映像 - YouTube


Sparkはカメラで顔を認識して起動し……


そのまま手のひらの上から離陸することが可能


手を振ることで呼び戻し……


手のひらに着陸することもできます。


また、手のひらをかざして機体の動きをコントロールすることも可能。


飛行中には、前方の障害物を立体的に認識できる3次元認識システムを搭載し、衝突を回避。


操作は専用コントローラーのほか、スマートフォンアプリを使うこともでき、さらにDJIが近日発売する「DJI Goggles」を使うことも可能。


普通なら撮影が難しいこんなアングルや……


アクティビティを空撮して記録に残すことが可能。


「あなたのクリエイティビティをスパークさせましょう」というのが、Sparkの名前の由来なのかもしれません。


Sparkの飛行性能は、スポーツモードで50km/hを実現。また、1度の充電で16分の飛行が可能です。ボディーカラーには、アルペンホワイト(白)、スカイブルー(青)、メドウグリーン(緑)、ラヴァレッド(赤)、サンライズイエロー(黄)の5色が用意されており、記事作成時点ではアルペンホワイトのみ予約が可能で、他の色は仮予約できる状態となっています。価格は本体・バッテリー・充電器などのベーシックなセットが6万5800円で、これに送信機やプロペラガード、予備バッテリー、充電ハブ、ショルダーバッグなどがセットになった「Spark Fly Moreコンボ」が9万1800円となっており、オンラインショップから予約または仮予約を行えるようになっています。

Sparkを購入
http://store.dji.com/jp/product/spark?site=brandsite&from=buy_now_bar

・関連記事
自撮りも可能な自動追尾撮影機能「アクティブトラック」を搭載したドローン「DJI MAVIC PRO」レビュー - GIGAZINE

頭の動きでドローンをコントロールできるFPV用ゴーグル「DJI Goggles」が登場 - GIGAZINE

あらゆるものをドローンにできるプロペラ付モーターユニット「UAV PD-ANY」が登場 - GIGAZINE

世界初の挑戦、「高度330メートルからのドローンジャンプ」が成功 - GIGAZINE

ドローンをヘリコプターの近くで飛ばすと恐るべき危険があることがわかるムービー - GIGAZINE

アメリカのドローンユーザー登録制度が「無効である」という判断が下される - GIGAZINE

139

in ハードウェア,  動画, Posted by logx_tm