2000円台で買えるAnkerの防水Bluetoothイヤホン「Anker SoundBuds Slim」レビュー


オーディオジャックではなくBluetoothで接続するイヤホンは、AirPodsのように値段が張るものと考えている人も多いかもしれませんが、Ankerから2000円台というリーズナブルな価格設定の防水Bluetoothイヤホン「Anker SoundBuds Slim」が、2017年5月19日(木)から登場しています。前回レビューしたAnkerのBluetoothイヤホン「SoundBuds Sport IE20」とはどんな違いがあるのか、実物を触って確かめてみました。

Anker | SoundBuds Slim | Black
https://www.anker.com/products/A3235011

SoundBuds SlimはAnker製品に共通した白と青のパッケージに入っています。


さっそく開封


内容物はトラベルポーチに入ったSoundBuds Slim本体、説明書、充電用Micro-USBケーブル、イヤーチップ(XS・S・M・L)、イヤーフック(S・M・L)、フィットクリップ、シャツクリップ。


SoundBuds Slim本体はこんな感じ。左右のイヤホンの間にはケーブルがありますが、オーディオプラグはなく、スマートフォンなどのBluetooth対応機器とはワイヤレスで使用可能です。


イヤホン部分の「ANKER」と書かれたロゴ部分はマグネットになっており……


両面を合わせるとくっつきます。カバンの中で左右のイヤホンがあちこちに散らばったり、ケーブルがこんがらがったりせずスマートに持ち運べるようになっています。


フィットクリップやシャツクリップでケーブルの長さを調節できるほか、イヤーチップやイヤーフックは自分の耳に合わせて好きなサイズに変更可能。


装着時に右耳に近くなる側にはコントローラーがついています。上から「音量を上げる」「再生/停止」「音量を下げる」のボタンで、「再生/停止」ボタンは1秒長押しで電源ON、電源ONの状態で1秒長押しするとSiriなどの音声アシスタントを起動、着信時にプッシュで電話に出る、などの操作が可能。「音量を上げる」「音量を下げる」ボタンは1秒長押しすると前後の曲にスキップします。


コントローラーの側面にゴムパッドがあり……


開くとMicro-USBケーブルを挿して充電可能。ゴムパッドには小さな出っ張りがあるので、簡単に開閉できるのはうれしいところ。満タンまで充電すると連続再生時間は約7時間と、一般的なBluetoothイヤホンより長めの再生時間を備えています。


なお、旧モデルの「SoundBuds Sport IE20」を半年ほど使用していたのですが、SoundBuds Sport IE20のUSBポートのゴムパッドには以下のように出っ張りがなく、開閉が大変でストレスを感じるレベルでした。SoundBuds Slimはこの点をしっかり改善してきたと言えます。


SoundBuds Slimを使用するには、コントローラーの「再生/停止」ボタンを1秒間長押しすると、ボタンの下にあるLEDが青く点滅し、ペアリングモードになります。


次に接続したいBluetooth機器のBluetooth設定画面を開き、「Sounds Slim」をタップ。今回はiPhoneとSoundBuds Slimを接続しています。


「接続済み」と表示されればiPhoneのサウンドがSoundBuds Slimに出力されるようになりました。なお、次回からはSoundBuds Slimの電源を入れるだけで自動的に接続されます。バッテリー残量はBluetoothアイコンの隣から確認可能です。


ちなみに、旧モデルのSoundBuds Sport IE20はイヤホンのマグネットを分離するだけで電源がオンになるのですが、SoundBuds Slimの電源は「再生/停止」ボタンを長押しするように変更されています。マグネットと電源が連動しているのはある意味スマートなのですが、カバンの中で衝撃で分離していつの間にかスマートフォンに接続している、ということが多発していたので、これもフィードバックを受けた改善と言えそうです。


というわけで、SoundBuds Slimを実際に装着するとこんな感じ。イヤーフックがぴったり耳にフィットするため、ジョギング程度の運動なら外れることはなさそう。IPX4の防水規格を備えているため、運動中の急な雨などにも慌てなくて済みます。またSoundBuds Slimは、6mm小型オーディオドライバーを搭載しており、力強くクリアなサウンドを体験できるとのことです。


コントローラーも右手でサッと操作できる位置にあり、ストレスなく音楽の音量を操作したり、電話に出たりすることができそうです。


また、「再生/停止」ボタンを1秒間長押しすると、iPhoneではSiriを起動できます。SoundBuds Slimはマイクを内蔵しているため、そのまま「音楽をかけて」と言えば、iPhoneを全く操作することなく音楽を聞き始める、などの使い方が可能です。


なお、SoundBuds SlimのAmazonの販売価格は税込2499円となっており、発売日当日となる5月19日(金)は1000個限定で20%割引価格の税込1999円で購入可能です。

Amazon | Anker SoundBuds Slim Bluetoothイヤホン (カナル型)【マグネット機能 / 防水規格IPX4 /内蔵マイク搭載】 iPhone、Android各種対応 | イヤホン・ヘッドホン オンライン通販

・関連記事
Ankerの7000円で買えるスマホ充電機能付ポータブル防水Bluetoothスピーカー&3000円台のBluetoothイヤホンを使ってみた - GIGAZINE

約6000円のLightning端子接続ハイレゾ対応イヤホン「Anker SoundBuds Digital IE10」レビュー - GIGAZINE

カプセルから取り出すだけでスマホと接続する世界最小ワイヤレスイヤホン「EARIN」レビュー - GIGAZINE

Appleのワイヤレスイヤホン「AirPods」が届いたので本当に落ちたりしないのか、使い勝手など実際に試してみた - GIGAZINE

5000円以下で買えるQuick Charge 3.0対応で超大容量20000mAhのモバイルバッテリー「Anker PowerCore Speed 20000 QC」フォトレビュー - GIGAZINE

iPhoneを約7回充電できるのにわずか6時間で本体をフル充電可能なAnkerの超大容量モバイルバッテリー「Anker PowerCore II 20000」実測検証レビュー - GIGAZINE

3000円以下で爆速充電可能なQuick Charge 3.0対応の世界最小・最軽量モバイルバッテリー「Anker PowerCore Speed 10000 QC」レビュー - GIGAZINE

375

in レビュー,  ハードウェア, Posted by darkhorse_log