世界で初めてロボットが人間の目の手術に成功、人間の外科医の10倍の精度を発揮


眼科手術は繊細な網膜の性質と術野の狭さから、熟練の外科医でも網膜に損傷を与えてしまうことがあります。そんな眼科手術を1ミクロンの精度で実施できるロボットが開発され、世界で初めてロボットを使った眼科手術が成功しています。人間の外科医と比較したところ、ロボットの方がはるかに出血が少なく、網膜への損傷も少なかったとのことです。

Robot Completes Delicate Eye Surgery in First
http://www.livescience.com/59014-robot-performs-delicate-eye-surgery-in-first.html

Robot Eye Surgeon Is 10x More Precise Than The Most Steady-Handed Human | Digital Trends
https://www.digitaltrends.com/cool-tech/robot-eye-surgery-uk/

眼科手術用のロボットを開発したのは、オランダの開発企業Preceyes。イギリスの病院で12人の患者が集められ、半分がPreceyesのロボットを使うグループ、もう半分が外科医のみのグループによって、網膜上の微細な膜の除去などを含む眼科手術が行われました。両グループとも手術に成功しましたが、ロボットを使ったグループの方が眼球へのダメージがはるかに少なかったとのこと。


Preceyesのロボットは訓練を受けた外科医が、ジョイスティックとタッチスクリーンで操作して手術を行うもので、1ミクロン単位という、人間では不可能なレベルの精度で動作するとのこと。これは外科医のみで手術を行う場合に比べて10倍の精度に匹敵します。今回のテストを取りまとめたNuffield Department of Clinical Neurosciencesの医療科学部門のマルコ・ベリーニ氏は「補助ロボットを使って眼科手術が行われたのは世界でこれが初めてです」と話しています。


今回のフィードバックを受け、Preceyesは汎用性と信頼性を高めるべくプロトタイプの最適化を行うとのことです。

・関連記事
医師の代わりに自動で手術してくれるロボットが開発中、実際に手術する様子のムービーはこんな感じ - GIGAZINE

Googleの人工知能で失明を防げるようにする研究がスタート - GIGAZINE

目の中に注入したマイクロボットを磁力で操作して治療する技術「OctoMag」 - GIGAZINE

眼球の網膜に隠されたある構造が目の働きを最適化していた - GIGAZINE

世界で初めて加齢に伴う視力喪失患者への人工網膜デバイス移植に成功 - GIGAZINE

糖尿病による目の病気をGoogleのディープラーニング技術は専門医よりも正確に見抜く - GIGAZINE

in ハードウェア, Posted by darkhorse_log