Nintendo SwitchをVR対応にアップグレードできる「Switch VR」を自作することに成功


任天堂はNintendo Switchを装着して使用するVRヘッドセットと見られる特許を出願していたことがわかっており、将来的にGoogleのDaydream ViewやSamsungのGear VRのような「モバイルVR」の機能が、Nintendo Switchに追加されることが期待されています。そんなNintendo SwitchのVR対応の可能性を探るべく、Nintendo Switch本体を装着して使えるDIYヘッドセットを作った猛者が現れました。

Switch VR TESTED! How well does it work? [Nintendo Switch] - YouTube


Nintendo SwitchのVRヘッドセットを自作したのは、任天堂関係のゲームコンテンツを提供するYouTuberのNintendrew。


以前に「Nintendo Switch向けヘッドセット」の特許が公開されたことが報じられましたが……


本当にNintendo SwitchがVRに対応するかどうかは不明。なので、自分でNintendo Switch向けヘッドセットを作れるのか試すことにした、とのこと。


まずはNintendo Switchの本体がそのまま装着可能なタブレット向けモバイルヘッドセット「Durovis Dive 7」を用意します。Nintendo Switchの本体サイズに適したタブレット向けのモバイルヘッドセットであれば、どんな機種でも問題ないとのこと。ただし、Nintendo Switchの本体を装着するだけでは、携帯プレイ用の画面が表示されるだけなので、まともにプレイすることはできません。


そこでNintendo Switchに隠されたブラウザを起動し……


NintendrewがYouTubeにアップロードしておいた左右分割表示の「ゼルダの伝説 時のオカリナ」のムービーを再生できるようになりました。


この状態でヘッドセットにNintendo Switchの本体を装着すれば、左右分割ムービーをVRっぽく視聴できるわけです。画面と目との距離が近すぎるため、ヘッドセットにはレンズを取り付けてうまく見えるよう調整しているとのこと。


実際に使ったところ、モーションセンサーは機能しないため、顔の向きに合わせて視界が変わるVR動画として視聴することはできませんが、左右分割動画を両目で視聴することはできた模様。ただし、ヘッドセットから見えるムービーは片眼の横幅が500pxくらいになってしまい、視野角が非常に狭いようです。


というわけで、モバイルVRヘッドセットにJoy-Conをどのように対応させるのかといった問題は残るものの、Nintendo Switchの本体で左右分割動画を視聴可能であることが証明され、将来的にアップデートでVRヘッドセットに対応することは不可能ではないことがわかっています。任天堂の君島達己社長は「もしヘッドセットを何時間も着けて快適にプレイできるような解決策を見つけたら、私たちはいずれかの形でVRをサポートするでしょう」とNintendo Switchの展望を語ったことがあり、今後の進展が期待されます。

・関連記事
実際に「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」をゲット&使用してわかったことまとめ - GIGAZINE

任天堂の「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」がついに発売されたので速攻ゲットしてフォトレビュー - GIGAZINE

任天堂の次世代ハード「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」の実機&周辺機器フォトまとめ - GIGAZINE

30周年を迎えたゼルダの伝説シリーズはなぜ愛されつづけるのか? - GIGAZINE

伸縮自在の拳を使って戦うNintendo Switchの爽快格闘スポーツゲーム「ARMS」をプレイ - GIGAZINE

242

in ハードウェア,   動画,   ゲーム, Posted by darkhorse_log