Snapdragon 835・6GBメモリ・光学手ブレ補正デュアルカメラ搭載でライバルの半額の「Xiaomi Mi 6」が登場


中国のXiaomiがフラッグシップスマートフォン「Mi 6」を発表しました。Androidスマートフォンで最強の座を争う「Samsung Galaxy S8」とがっぷり四つのハイエンドな性能なのに半額以下という相変わらずのハイコストパフォーマンスモデルは、iPhone 7 Plus同様にデュアルカメラを採用し、間違いなく「現行スマートフォンの最高峰」というデキになっています。

小米6预约-小米商城
http://hd.mi.com/x/04181r/index.html?v=04190703

Xiaomiのフラッグシップ「Mi 6」は、5.15インチフルHD(1920×1080)液晶ディスプレイ、SoCはQualcommのSnapdragon 835(8コア最大2.45GHz)、メモリは6GBで、ストレージは64GB/128GBのUFSを搭載しています。OSはAndroid 7.0ベースのMIUIを採用。文句なしの現行スマートフォン最上位のスペックを誇ります。


Mi 6では、iPhone 7のような2.5Dガラスがディスプレイ面に採用されており、表面から裏面にかけてシームレスに曲線でつながるラウンド形状になっています。


横だけでなく上下も曲面でつながるため、尖ったエッジ部分はなし。この四方完全ラウンド形状をXiaomiは「四曲面3D玻璃(4曲面3Dガラス)」デザインと名付けています。


ホームボタンに指紋認証機能を搭載。


底面にType-CのUSBポートを搭載しますが、iPhone 7シリーズ同様に3.5mmイヤホンジャックを搭載しない新デザインになっています。これにともない、一定レベルの防水(防滴)性能を持たせることに成功しています。


最大の特長は1200万画素広角レンズ+1200万画素望遠レンズのリアカメラ。Mi 6ではiPhone 7 Plus同様のデュアルカメラを採用しました。


光学2倍ズーム&4軸光学手振れ補正に対応しています


左が一般的なスマートフォンカメラの画像で、右がMi 6の画像。一眼並のボケを楽しめます。


Mi 6で撮影した作例。コンデジを凌駕するほどの高画質撮影が可能です。


最上位の128GBストレージモデルには、Xiaomiの3辺ベゼルレススマートフォン「Mi MIX」と同様にセラミックモデルが用意されます。


鏡面のセラミックモデルは、このレベルの映り込み具合。


Mi 6のセラミックモデルは、Mi MIXに負けず劣らずの高級感にあふれていることが伺えます。


ラウンド形状のサイドに搭載するボタンまで鏡面加工が施されています。


これでもかと強調されるメタル感がMi 6のデザイン上のイメージの模様。


カラーはブラック、ブルー、ホワイト、シルバーの4色。


Xiaomi Mi 6は、6GBメモリ+64Gストレージの標準モデルが2499元(約4万円)、6GBメモリ+128GBストレージモデルが2899元(約4万6000円)、6GBメモリ+128GBストレージ+セラミック筐体の最上位モデルが2999元(約4万7000円)と、ライバルとなるGalaxy S8の半額以下という破格の値付け。価格破壊のXiaomiらしいとコストパフォーマンスは健在です。


Xiaomi Mi 6は2017年4月28日午前10時に中国で発売されます。「瞬殺」「蒸発」と呼ばれる、発売開始即完売というXiaomiらしい販売風景になりそうです。


・つづき
Xiaomiのフラッグシップ「Mi 6」の圧倒的高級感ある「4曲面3Dガラス」デザインをフォトレビュー - GIGAZINE

・関連記事
圧倒的な性能&低価格で4G/3Gデュアル待ち受けも可能なXiaomiのハイエンドスマホ「Mi 5」徹底レビュー - GIGAZINE

3辺ベゼルレスで比類なき高級感を持つXiaomiのフラッグシップ6.4インチ大画面スマホ「Mi MIX」レビュー - GIGAZINE

6GBメモリ&Snapdragon821に両面3Dガラス採用のXiaomi製ハイエンドファブレット「Mi Note 2」レビュー - GIGAZINE

激安なのに重量約1kg&激薄ボディのXiaomi初ノートPC「Mi Notebook Air」の使い方まとめ - GIGAZINE

激安なのに5.5インチ大画面&指紋認証機能付きのXiaomi「Redmi Note 3 Pro」レビュー - GIGAZINE

激安8コアスマホ「Mi 4i」に触れればXiaomiがなぜ急成長できたのか一発で分かる - GIGAZINE

Windows 10を搭載するXiaomiの最上位タブレット「Mi Pad2」を使ってみた - GIGAZINE

Xiaomiの激安スマホ&周辺機器をゲットできる台湾の新名所「台北小米之家」に行ってきました - GIGAZINE

創業わずか5年で世界第3位のスマホメーカーXiaomi公式ショップ「小米之家」に行ってきました - GIGAZINE

136

in モバイル,  ハードウェア, Posted by logv_to