世界中のクモの年間捕食量は地球上の全人類の体重より重いという研究結果

By Sam valadi

クモは主に昆虫全般を主食としますが、大型のクモになると鳥やトカゲだけでなく、小型のほ乳動物をも捕食する食欲旺盛な生物として知られています。そんなクモの捕食量を調査した結果、世界中に生息するクモの年間捕食量は、世界人口の年間食糧消費量を超え、タイタニック号478隻分の重さに相当することが判明しました。

An estimated 400–800 million tons of prey are annually killed by the global spider community | Springer for Research & Development
https://rd.springer.com/article/10.1007/s00114-017-1440-1


Spiders could theoretically eat every human on Earth in one year - San Francisco Chronicle
http://www.sfchronicle.com/news/science/article/Spiders-could-theoretically-eat-every-human-on-11033225.php

バーゼル大学環境科学部保全生物学科のマーティン・ナイフラー氏と、ルンド大学生物学部のクラウス・ビルコッファー氏は、世界中のクモの年間捕食量に関する研究を発表しました。研究によると、世界中のクモの年間捕食量は4億トンにのぼり、8億トンにおよぶ年もあるとのこと。世界人口と同規模である70億人が消費する肉類・魚類の量は4億トンであり、年によっては人間よりクモの方が2倍もの捕食量を持つことを示しています。

これらの数は「地球上の主要なクモの生息地で、1平方メートルあたり何匹のクモが生息しているか」という別の研究と、「サイズごとのクモの平均年間捕食量」という研究に基づいて試算したものとのこと。研究のひとつでは「地球上のクモの密度は1平方メートル131匹」と推定されていますが、これは地球全体の平均数であり、当然ながら砂漠やツンドラのクモの生息数とは異なります。そのため、ナイフラー氏らは「好ましい環境下」においてクモの密度は1平方メートルあたり1000匹以上になると考えています。「好ましい環境下」の定義は明かされていませんが、San Francisco Chronicleの記者は「ベッドの下のような暗くてほこりの多い場所」と予想しています。

なお、地球上の人間の生物量は合計で3億5000万トンになるのですが、世界中のクモの年間捕食量よりも少ないことがわかります。クモが積極的に人間を捕食することはありませんが、理論的には「クモは1年間で人類を食べ尽くすことができてなお食べ足りない」ということになります。また、地球上のクモ全体の重量は2500万トンになると試算されていますが、これは1隻5万2000トンのタイタニック号478隻分に匹敵します。


さらに、ある生物学者によると、クモの1日あたりの捕食量は体重のおよそ10%とされています。これを人間で表すと、体重60kgの人が毎日6kgの肉を食べるのと同じ。理屈だけなら、クモが600kg分集まれば、1日で1人の人間が食べ尽くされてしまうことになります。ともすれば、どこかのモンスター・パニック映画のような出来事が、理論的には起こり得るわけです。

・関連記事
「クモ恐怖症の人にクモを見せるとどんな反応をみせるのか?」を実験したムービーにクモより怖いものが登場 - GIGAZINE

クモが自分よりも大きな鳥を捕獲する - GIGAZINE

世界初、非常に珍しいタランチュラの子どもが生まれる - GIGAZINE

人工的にクモの糸の生成に成功、科学者の長年の夢が実現 - GIGAZINE

映画「スパイダーマン」でクモに演技指導した、昆虫の動きを操ることができる「虫使いアーティスト」の作品 - GIGAZINE

ハリー・ポッターの組分け帽子にあやかった名前が新種のクモに付けられ、作者のローリングも祝福 - GIGAZINE

カーボンナノチューブ入りの水を吹きかけられたクモが地球上最高強度のクモの糸を生成 - GIGAZINE

in サイエンス,   生き物, Posted by darkhorse_log