現代によみがえるBluetooth接続のタイプライター型キーボード「PENNA」


PCやスマートフォンが普及した現代では、タイプライターを使ったことがない人の方が多いくらいで、子どもにタイプライターを見せて反応をうかがうムービーまで登場するほど。そんなレトロなタイプライターのデザインを踏襲し、スマートフォンやタブレットにBluetoothで接続できるようにしたワイヤレスキーボード「PENNA」が登場しました。

Elretron - PENNA Wireless bluethooth keyboard | PENNA
https://www.elretron.com/penna

PENNAがどんなキーボードなのかは、以下のムービーを見ればわかります。


一見するとタイプライターのような機器が登場


しかし「FNキー」や「PgUp」など、タイプライターにはなかったキー配置になっているのがわかります。


それが現代に復活したタイプライター風のワイヤレスキーボード「PENNA」。


上部のスタンドにデバイスを立てかけて使用可能。


スマートフォンだけでなくタブレットも立てかけられます。


以下はスマートフォンにワイヤレスキーボードを連携させて使っているところなのですが、まるで半世紀前の作家のような雰囲気があります。


PENNAは重量800g、サイズは330mm×190mmで、スタンドの角度は105度です。


キーキャップは2種類あり、タイプライターの打鍵感を再現した「Chrome Keycap」と……


心地よくタイピングできる「Diamond Keycap」を選択可能。


キースイッチは3種類も用意されているこだわりようで、タイプライターっぽいタイピング音で押下圧50g(±15g)の「Cherry Mx Blue」、ノイズを抑えたオフィス向けで押下圧45g(±20g)の「Cherry Mx Red」、その中間の「Cherry Mx Brown」の中からカスタマイズできます。


タイピング音の違いは以下のムービーで確認できます。

Typing sound test - Cherry MX Blue switch - YouTube


Typing sound test - Cherry MX Red switch - YouTube


タイプライターには左サイドに紙を送って改行するためのスライダーが付いているのですが、PENNAにも同様に「Macro Bar」という機構が備え付けられています。


Macro Barは改行するものではなく、バーを上げると「レコードモード(記録モード)」になり、この間にタイピングした内容が記録されます。


そしてバーを一番下まで下げると、「トランスファーモード(転送モード)」として記録したフレーズを何度でもペーストすることが可能。タイプライターの見た目を模しただけでなく、機能性もしっかり備わっています。


対応OSはiOS、Android、Windows。


5台までBluetooth機器をマルチペアリングでき、「FN」+「F1」~「F5」で使用するデバイスを変更可能。


ほかにも、「FN」キーとの組み合わせはいくつも用意されています。また、単3電池2本で半年間使用できるとのこと。


デザインは5種類あり、以下のボディに木目を使った「ウッド」と……


レトロ感のある「オリーブグリーン」


柔らかい色合いの「ベイビーピンク」


Apple製品と相性が良さそうな「ピュアホワイト」


冒頭で登場したタイプライターっぽい「マットブラック」があります。


別売りですが、専用のレザーケースも用意されています。


なお、PENNAは製品化に向けてクラウドファンディングのKickstarterで出資を募集しているところ。すでに目標出資額の5万ドル(約550万円)を超え、16万ドル(約1780万円)の出資が集まっており、製品化が決定済み。出資プランごとにゲットできる製品は以下のようになっています。

・89ドル(約9900円):PENNA1台(グリーン/ピンク/ホワイト/ブラック)、キーキャップ(Chrome/Diamond)、キースイッチ(Cherry MX Blue/Cherry MX Red switch/Cherry Mx Brown)、1000人限定
・99ドル(約1万1000円):PENNA1台(グリーン/ピンク/ホワイト/ブラック)、キーキャップ(Chrome/Diamond)、キースイッチ(Cherry MX Blue/Cherry MX Red switch/Cherry Mx Brown)
・139ドル(約1万5000円):PENNA1台(グリーン/ピンク/ホワイト/ブラック)、キーキャップ(Chrome/Diamond)、キースイッチ(Cherry MX Blue/Cherry MX Red switch/Cherry Mx Brown)、専用レザーケース1つ
・299ドル(約3万3000円):PENNA1台(ウッド)、キーキャップ(Chrome/Diamond)、キースイッチ(Cherry MX Blue/Cherry MX Red switch/Cherry Mx Brown)、専用レザーケース1つ


製品の発送時期は2017年8月ごろの予定で、日本への発送には別途送料として39ドル(約4300円)がかかります。出資の締め切りは2017年5月6日(土)の23時1分となっています。

Penna - Retro Bluetooth Keyboard, Starting as low as $99 by Elretron - Kickstarter
https://www.kickstarter.com/projects/1950503124/penna-retro-bluetooth-keyboard-starting-as-low-as

・関連記事
初めてタイプライターを子どもたちが触るとどんな反応を見せるのか? - GIGAZINE

1980年代はタイプライターをハッキングしてソ連がアメリカの情報をスパイしていた - GIGAZINE

世界初の「キーロガー」は旧ソ連がアメリカ大使館のタイプライターに組み込んだものだった - GIGAZINE

使い勝手を追求してフルカスタマイズも可能なエルゴノミックキーボード「Keyboardio The Model 01」 - GIGAZINE

536

in モバイル,  ハードウェア,  動画, Posted by darkhorse_log