Twitterのリプライが140文字フルで使えるように仕様変更、返信先の選択もらくちんに


Twitterは2016年5月に「今後の予定」として「誰かのツイートへの返信の際、ツイート冒頭に表示されていた@ユーザー名が文字数としてカウントされなくなります。よって、140文字すべてを自由に使ってメッセージを伝えられるようになります」と発表していました。この機能が実際に使えるようになるとブログで発表されました。

Now on Twitter: 140 characters for your replies | Twitter Blogs
https://blog.twitter.com/2017/now-on-twitter-140-characters-for-your-replies

返信ツイートにも140文字フルに使えます | Twitter Blogs
https://blog.twitter.com/ja/2017/%C2%A00331/replay

リプライ機能がどのように変わるのかは以下のムービーで確認可能です。


「Joy Ding」という人のツイートにリプライ(返信)がずらりと並んでいます。


何度かやりとりした後の返信を行います。返信の方法は矢印アイコンをタップするだけと、いつもと同じ。


しかし、入力欄に@で始まる返信先の記載はなし。打てる文字も最大140文字となっています。


返信内容を打ち込んだら、「@BrandVirtuosoさん、他2人」と書いてある部分をタップ。


「会話に参加中の他のアカウント」から自分を抜いて、「返信先」を押します。


この状態で「返信」を押せば、自分を宛先に入れることなくツイートが行えるわけです。


Twitterは公式ブログで「本文にユーザー名分の文字数を含めないことで、特に複数の方への返信時などに感じた140文字に収まるかどうかの心配を少し軽減できると考えています」と述べています。なお、今回の機能はtwitter.com、iOSとAndroidにて、順次提供されるとのことです。

・関連記事
無料で使えるTwitterがついに有料サービスの提供を計画中と報じられる - GIGAZINE

TwitterがアカウントをBANされたユーザーによる新規アカウントの作成を阻止する方針を明かす - GIGAZINE

Twitterユーザーのうち最大4800万アカウントはボットであるという研究結果 - GIGAZINE

Twitterがタイムラインでキーワードミュート・「卵アイコン」のミュート・自動で嫌がらせツイートを判断など嫌がらせツイート対策をアップデート - GIGAZINE

SNSが学生や社会人からどれほど生産性を奪っているかを表した図 - GIGAZINE

335

in モバイル,   ウェブアプリ, Posted by logq_fa