試食

好きなソースで自分好みに染めて「大阪のカワイイ」を体現する串パンケーキ「PANBO(パンボ)」


2017年2月に大阪・心斎橋のアメリカ村に、40センチはあろうかという巨大な串にパンケーキをもりもりと挿して好きなソースをかけてオリジナル「串パンケーキ」を作れるテイクアウトスイーツ店「PANBO」がオープンしました。串パンケーキがどんなスイーツなのか試すために、PANBOに行ってみました。

大阪カワイイ PANBO
https://www.facebook.com/OsakaKawaiiPANBO/

大阪・心斎橋のアメリカ村にある三角公園の北側に、PANBOはあります。


住所は「大阪府大阪市中央区西心斎橋1丁目16−12」


店の前には看板が出されていました。


階段を上ると……


「大阪」「カワイイ」「顔よりでかい!」というポスター。顔よりでかい……。


お店は2階に上がってすぐの場所にありました。


店に入ると、「ステレオタイプな大阪」を凝縮したようなイラスト。


PANBOはテイクアウトスタイルのお店。


レジの上には巨大な串パンケーキ。


カウンターには串パンケーキ「パンボ」の見本が置かれていました。


この小さなパンケーキを串に挿していくようです。


商品はパンボ(800円)のみ。なお、ドリンク(250円)とのセットは1000円です。


パンボは好きなソースを好きな分量かけて、オリジナルの串パンケーキを作ることができるシステム。


本日のソースは、チョコレート、キャラメル、カスタード、ハチミツ、マンゴー、フランボワーズ、チョコスプレー、練乳、シュガーパウダー。


なお、謎のキャラが店内のいたるところにいました。


以下がオススメのデコレーションTOP3。トッピングに迷った場合はこれを参考にすればOK。


ドリンクセットを注文。串にパンケーキとフルーツを挿してもらって……


こんな紙パッケージに入れてもらいます。


このまま、カウンターテーブルの上の金属ケースに置いて、ソースをかけます。


ソースがたくさんあるので迷いましたが、オススメを参考にほんの少しアレンジすることに。


まずはカスタード。


次にチョコレート。この状態でも十分おいしそうです。


しかし彩りを考えると、赤色のフランボワーズは外せません。


最後にチョコスプレーをたっぷりかけて……


完成。


顔よりでかいので、iPhone 6sとは大きさを比べるまでもありません。


持ち上げると圧倒的な存在感です。


ということで、パンボを片手に近くの三角公園へ。


ドリンクセットのオレンジジュース。


なお、紙パッケージはこんなデザインです。


手にしていると人目を引くほどド派手なパンボ。


先端にマシュマロ。フランボワーズで赤く染まってしまいました。何事もやり過ぎには注意です。


パンケーキと交互にスイーツが挟まっています。イチゴに……


キウイ


チョコまみれでわかりにくいですが、バナナ。


そして、リンゴ。


食べてみるとパンケーキは大口を開ければ一口で食べられる絶妙なサイズ。パサパサしたところはなく、ふっくら軽いパンケーキは甘さ控えめでパクパク食べられます。


しかし、キウイあたりからは串を横向きにして食べなければならず、慎重に食べないと顔がソースまみれになりそう……


巨大な串に圧倒されましたが、思った以上にサクサクと食べられます。ふわふわのパンケーキは甘さもくどくないので、小食の女性でも一串完食できそうなスイーツでした。


・おまけ
ちなみにPANBOの店頭には、大阪土産が販売されていました。


ソースせんべいなど。


PANBOはコテコテの「大阪」を体験できるお店になっていました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
超希少なカルピスバターと5段重ねの圧倒的ボリュームを楽しむ浅草ミモザの「Big Hotcake」 - GIGAZINE

ふかふかの抹茶生地にこしあん&黒糖バターを載せた「抹茶のホットケーキ」とモチモチ触感の焼生麩を使った「生麩のパフェ」を食べてみました - GIGAZINE

Eggs ’n Things京都四条店限定で抹茶の苦みと甘みが絶妙な「香る、宇治抹茶パンケーキ」を食べてきた - GIGAZINE

いちごとチーズのクリームが爽やかな「ストロベリーチーズパンケーキ」と生地にコーヒーを混ぜ込んだ「“コナ”ティラミスパンケーキ」をEggs ’n Thingsで食べてきた - GIGAZINE

直径約30cmのサクサクなオランダ伝統のパンケーキ「パンネクック」を「Pancakes Amsterdam」で食べてみた - GIGAZINE

in 試食,   ピックアップ, Posted by logv_to

You can read the machine translated English article here.