×
映画

あの宮崎駿監督が引退を撤回し「長編アニメ」に復帰することを鈴木プロデューサーが明らかに


スタジオジブリ作品の「レッドタートル ある島の物語」が第89回アカデミー賞長編アニメーション映画部門にノミネートされ、同作品のプロデューサーである鈴木敏夫氏がアカデミー賞の直前イベントに出席しました。そのイベントで行われたインタビューで、鈴木氏が宮崎駿監督が新しい長編アニメーションの制作に取りかかっていることを明らかにしました。

共同通信社の特派員であるChuck D.氏が報じたところによれば、宮崎監督が新しい長編アニメーションの制作に取りかかっていることが鈴木氏により明らかになったとのことです。


また、アニメーション関連のニュースサイトのCartoon Brewは「鈴木敏夫氏が『宮崎監督が引退を撤回し現場に復帰したこと』を認めた。鈴木氏は宮崎監督の次の作品のプロデューサーを務める」とツイートしています。


同イベントでメディアの取材に応える鈴木氏。


宮崎監督は2013年9月6日に引退記者会見を実施し、「何度も言っているからまたかと思われるかもしれませんが、今回はマジです」と発言していました。

スタジオジブリの宮崎駿監督が引退記者会見を実施、ネットでは生中継も - GIGAZINE

・関連記事
宮崎駿監督作品のキャラたち大集合のファンムービー「Tribute to Hayao Miyazaki」はどう作られたのか - GIGAZINE

スタジオジブリの宮崎駿監督が引退することが判明、本人による会見も予定 - GIGAZINE

スタジオジブリの宮崎駿監督が引退記者会見を実施、ネットでは生中継も - GIGAZINE

感情や想像力を刺激する「最も美しいアニメーション映画トップ10」に日本の作品がランクイン - GIGAZINE

in 映画,   アニメ, Posted by darkhorse_log