iPhoneへの顔認証機能搭載の布石か、Appleが「RealFace」買収


早ければ2017年秋に発表される新型iPhoneに顔認識技術が搭載されるとウワサされている中、Appleが顔認識技術を開発しているイスラエルの企業を買収したことが明らかになりました。

Apple buys Israel's facial recognition firm RealFace - report | The Times of Israel
http://www.timesofisrael.com/apple-buys-israels-facial-recognition-firm-realface-report/

Apple Acquires Israeli Firm RealFace Specializing in Facial Recognition - Mac Rumors
https://www.macrumors.com/2017/02/19/apple-buys-facial-recognition-firm-realface/

イスラエルのニュースメディア「The Times of Israel」が報じたところによると、今回Appleが買収したRealFace社はAIを使った顔認識技術の開発を進めている企業。買収額は明らかにされていませんが、「数百万ドル規模(数億円規模)」であると予想されています。RealFaceは2014年に起業したスタートアップで、創業者はAdi Eckhouse Barzilai氏とAviv Mader氏とのこと。同社が開発する技術により、ユーザーの顔や虹彩などを用いたバイオメトリック認証機能をスマートフォンやコンピューターに搭載することが可能になります。

イスラエルの企業データベース「Start-Up Nation Central」によると、RealFaceは従業員10人の小さな企業で、100万ドル(約1億1000万円)の売上がある模様。主な取引先は中国やイスラエル、ヨーロッパ、アメリカなどとなっているとのこと。

RealFaceを使ってスマートフォンで個人認証しているデモ映像が公開されています。

RealFaceTech Demo - YouTube


まずはユーザーの顔を前面カメラで撮影して登録。


端末を一度ロックし、ログインしなおしてみると、顔認証でアンロックされました。


もちろん、他の人の顔でトライしてみるとロック解除されず。スマートフォンをカメラだけでロック解除できるようになると、よりセキュリティが高くなることが期待できそうです。


実際にRealFaceの技術がどのように反映されるのかは不明ですが、今回の買収が発表されたタイミングから考えると、2017年秋の新型iPhoneにRealFaceの開発した機能が搭載されることは容易ではなさそう。しかしセキュリティ対策への要望が高まる中、顔認識技術の搭載はそう遠い未来ではなさそうです。

・関連記事
次期iPhoneはディスプレイ上で指紋認証ができる可能性 - GIGAZINE

次期iPhoneのワイヤレス充電方式は「Qi」で決まりか、Appleがワイヤレスパワーコンソーシアムに加盟 - GIGAZINE

10周年記念の次期iPhoneが1000ドル超えの「高級iPhone」になる理由 - GIGAZINE

iPhone 8の生産は例年よりも早く開始される見込み - GIGAZINE

iPhone10周年モデルは5.8インチ曲面OLEDディスプレイ・顔認識センサー搭載で名称は「iPhone X」か? - GIGAZINE

顔認識技術を防ぐ特殊模様がプリントされた衣服でプライバシーを守る - GIGAZINE

ヒトの眼球を生体認識に使う「虹彩スキャン」のデータ43万人分がFBIによって収集されていることが判明 - GIGAZINE

75

in モバイル,  動画, Posted by logx_tm