ダンボーがネコになったニャンボー[クロ]・ニャンボー[シロ]、そしてニャンボー[マロ]


ダンボーがネコの装いをまとってソフビトイボックスとしてワンフェス2017[冬]ユニオンクリエイティブブースに登場したのが「ニャンボー[クロ]」です。毎週火曜日にNHK Eテレミニアニメで放送している「にゃんぼー!」からの派生です。

ブースで発見


遠目からだと保護色で溶け込んでしまっています


サイズは全高約130mm


可動個所は全4個所


価格は税込2400円で、3月上旬発送予定です


設定上、クロは「口数が少なくミステリアス。にゃんぼーたちが苦手なネコも手なずけてしまう特技を持つ」とのこと。


さらに左がニャンボー[マロ]、右がニャンボー[シロ]。シロは「おしゃれな女の子。大好きなトラのことになると、ついつい周りがみえなくなることも」という設定の方のデザインとは少し違うので、また違うニャンボーなのかも。ニャンボー[シロ]はよつばとダンボーストア限定で、税込2484円、2017年4月発売予定。


もう一方のマロっぽい眉のニャンボー[マロ]は海洋堂直営店限定で、「海洋堂本社で暮らす白猫「マロ」をイメージ」とのこと。税込2484円、2017年4月発売予定。


なお、ここまでのニャンボーはすべて造形制作は榎木ともひでとなっています。

・関連記事
ダンボーで将棋ができる「カプセルダンボー 将棋Ver.」、全部の駒があるので40体そろえればちゃんと将棋が指せる - GIGAZINE

世界最小・最薄を目指したダンボー版「薄い財布」と「小さい財布」はカワイイだけじゃなかった - GIGAZINE

箱が甲板風になりプロペラも可動する「零戦ダンボー」や模型専用塗料コラボ「Mr.カラーダンボー」などダンボーいろいろまとめ - GIGAZINE

頭・手・足を自在に動かせるダンボー「REVOLTECH DANBOARD cheero ver.」に色んなポーズをとらせてみたレビュー - GIGAZINE

メッキでピッカピカのダンボー・ミニ[零戦52型Ver.]ジュラルミン版はプロペラ回転&目も光る - GIGAZINE

ダンボー・ミニよりさらに小さな60mmダンボー&45mmダンボー - GIGAZINE

ダンボーの形をしたiPhone5回分の大容量バッテリー「cheero Power Plus DANBOARD version」 - GIGAZINE

ダンボーが目を光らせながら自宅のWi-Fi環境を支えてくれる「ダンボー無線LANルーター&無線LAN中継機」を使ってみました - GIGAZINE

コンパクト&2つの出力ポートを装備した6000mAhダンボーコラボバッテリー「cheero Power Plus DANBOARD version -mini-」レビュー - GIGAZINE

あの「ダンボー」がフルアーマー可能バージョンになって完全立体化 - GIGAZINE

あのダンボーが日本郵政とコラボした「ゆうパックダンボー・ミニ」は予想以上の愛くるしさ - GIGAZINE

ダンボーがわずか3cmになった「ダンボーストラップ」は小さくても頭と両腕がちゃんと動く - GIGAZINE

無線コントローラーで操縦する「ロボダンボー」はかわいいにもほどがある - GIGAZINE

「ロボダンボー」を調教していろいろな動きをさせてみました - GIGAZINE

ワンダーフェスティバル 2017[冬]開幕、全記事一覧まとめ - GIGAZINE

164

in 取材,   アニメ, Posted by darkhorse