超絶クオリティのフィギュアを4人のクリエイターが自由に彩色すると見た目はこんなに変化する


韮沢靖さんによる漫画作品「PHANTOM CORE」で登場する女鎮圧屋ニナ・ドロノが、思わず息をのむほど美しい妖鳥シレーヌの原型を製作した塚田貴士さんの手で立体化しました。この立体を4人のクリエイターが思い思いに彩色しており、同じ形のもののはずなのに、4つの異なる個性がバチバチし合っています。

レンタルスペース GILL GILL ・ガレージキット(怪獣、海外ガレージキット、フィギュア完成品) 原型製作 完成品製作 レンタルショーケース 通信販売 ゴジラ モンスターハンター
http://www.gillgill.com/

塚田貴士さん原型製作の「ニナ・ドロノ」(3万8000円)はワンダーフェスティバル 2017[冬]の5-15-01「GILL GILL」ブースに展示されていました。彩色なしの素の状態がこれ。


アップで見るとこんな感じで、生き生きとした表情と禍々しい腕や装飾品が特徴的。


これを村上圭吾さんが彩色すると……


こうなります。


褐色の肌に筋繊維がむき出しになったかのような右腕、そして禍々しいこの世のものとは思えない左腕。


色が加わることでよりリアルなフィギュアに変身します。


続いてGILL GILLの専属ペインターである「K2」さんが色彩したニナ・ドロノ。


それがこれ。


肌は白色で、ショッキングピンクの髪の毛が特徴的。


原型の段階では気づかなかったのですが、躍動感あふれる髪の毛の中にドクロが3つ確認できます。


続いて、矢竹剛教さんの彩色したニナ・ドロノ。


最もカラフルなニナ・ドロノです。


髪の毛の色はK2さんのニナ・ドロノと同じピンク色ですが、やや弱めのピンクが使われています。


ピンク・オレンジ・黄緑・水色・紫とさまざまな色を使っていますが、全体的にはとてもまとまった印象になるというのがとても不思議。


最後は菅野貴司さんの彩色したニナ・ドロノ。


ダークカラーのみで構成されたニナ・ドロノ。肌の色以外は村上圭吾さんのニナ・ドロノに似ている気もするし、髪の毛の色以外はK2さんのニナ・ドロノにも似ているようにも見えますが、全体の印象はそのどちらともまったく違います。


よくよく見てみると、唯一のオッドアイなニナ・ドロノです。


彩色なしの原型も含めると5種類のニナ・ドロノが一列に並んでおり、とにかくインパクト大で、横を通る一般来場者たちは思わず足を止めて眺めていました。

・関連記事
ワンダーフェスティバル 2017[冬]開幕、全記事一覧まとめ - GIGAZINE

思わず息をのむほど美しい「デビルマン」の妖鳥シレーヌが超絶クオリティで立体化 - GIGAZINE

120

in 取材,   アニメ, Posted by logu_ii