レンチン1分半でピリ辛の麻婆春雨ができる永谷園の「レンジで簡単!麻婆春雨 中辛」を食べてみた


永谷園から登場している「レンジで簡単!麻婆春雨 中辛」は、買ってきたそのままの袋を電子レンジに投入しておよそ1分半温めるだけでピリッと辛い麻婆春雨ができるというもの。何も手を加えずにどんな麻婆春雨を味わうことができるのか、実際に食べてみることにしました。

レンジで簡単!麻婆春雨 中辛|商品情報|永谷園
http://www.nagatanien.co.jp/product/detail/684/

ということでレンジで簡単!麻婆春雨をゲット。一人前の税抜希望小売価格は198円です。


レンジで温める時は、袋をたたせた状態でレンジに入れる模様。


パッケージ下部には食欲をそそる麻婆春雨の写真。単体で食べてもOKですが、ご飯にのせて「麻婆春雨丼」にするのも良さげです。


電子レンジで温める場合は、500ワットだと1分50秒、600ワットだと1分20秒だけ。お湯で温めるのもOKで、その場合は5分かかります。


原材料には春雨ときくらげ、豚肉、にんじん、たけのこ、赤ピーマンなどの食材が使われています。内容量は190グラム。


1袋あたり139kcalで、ナトリウムの食塩相当量は2.7グラム。


レンジに入れてチンすると……


温め後には袋がパンパンの状態に。


封を切ってみると、豆板醤と花椒(かしょう:ホアジャオ)の香りが飛び出してきました。


白湯スープをベースにした麻婆ソースに、春雨と5種の「五目食材」が入っています。


五目食材は、パッケージ記載のきくらげ、豚肉、にんじん、たけのこ、赤ピーマンの5種類。いずれも麻婆春雨には欠かせないものばかりです。


よくみると、春雨は透明なものと白っぽいものの2タイプで、口に入れるとツルリと喉に吸い込まれていきます。スープはまろやかな白湯の風味にピリッと豆板醤の辛みがきいており、ほどよい辛さはまさに「中辛」のストライクゾーンど真ん中といったところ。麻婆豆腐ほどのとろみはありませんが、はるさめにピッタリと合うように仕上げられていました。

・関連記事
辛くて感覚がマヒする「蒙古タンメン&北極ラーメン」を蒙古タンメン中本本店で食べてきました - GIGAZINE

お米っぽいのにお米じゃない「ライス・フリー」のカレー・中華あんかけ・麻婆春雨を食べてみました - GIGAZINE

食欲をかきたてられる中国本場の中華料理はこのような感じでした - GIGAZINE

レンジでチンするだけで簡単に麻婆茄子が完成する「レンジ調理革命 茄子の肉みそ」を作ってみました - GIGAZINE

114

in ピックアップ,  試食, Posted by logx_tm