濃厚チョコにフランボワーズの風味がアクセントなリンツ「フランボワーズホットチョコレートドリンク」2種類を飲んできた


まもなくやってくるバレンタインにあわせ、プレミアムチョコレートブランドの代名詞の1つ「リンツ」から、同ブランドでは初となるバレンタイン期間限定ドリンクとなる「フランボワーズホットチョコレートドリンク」の2種類が2016年1月6日(金)に登場しました。リンツの濃厚なチョコレートを使ったドリンクに、甘酸っぱいフランボワーズ(ラズベリー)がトッピングされたというドリンクを味わってくることにしました。

リンツ初のバレンタインドリンクは愛らしいピンク色で フランボワーズ風味の濃厚ホットチョコレート! 1月6日から期間限定で登場 | リンツ ショコラ カフェ
http://www.lindt.jp/contents/chocolat-cafe/14084/

リンツ ショコラカフェに到着。


店頭や店内には、登場したばかりのフランボワーズチョコレートドリンクのPOPが置かれていました。このドリンクは、カカオの風味が味わえる「ダーク」とミルク感たっぷりな「ミルク」の2種類がラインナップされています。価格はいずれも税込669円です。


注文して数分、ドリンクができあがりました。ホットチョコレートなのでカップにはスリーブがついています。


iPhone 7の大きさと比べるとこのぐらい。コンビニで販売されているコーヒーのSサイズぐらいの大きさです。


フタを取ってみると、ピンク色のホイップクリームの上に粒状のフランボワーズのブリゼとフランボワーズソース、そしてチョコレートのコポー(チョコレートの表面を削ったもの)がトッピングされていました。ピンク色とチョコレート色に彩られたドリンクからは、バレンタインの季節感が漂ってくるよう。


まずは、カカオの風味が味わえるという「ダーク」から飲んでみます。手に取るとドリンクの温かさが伝わってくるのですが、いざ口をつけてみるとホイップクリームのヒンヤリとした冷たさのギャップがサプライズ。甘酸っぱいフランボワーズパウダー入りのホイップクリームと、さらに輪をかけて酸味のあるフランボワーズブリゼの風味が、その下から出てくるホットチョコレートのビターさと合わさって濃厚な味わいを楽しむことができます。「ダーク」にトッピングされているチョコレートコポーは、風味にあわせてこちらも「ダーク」タイプが選ばれています。


一方の「ミルク」は、口をつけた瞬間からミルクの優しさが感じられる味わいながら、「ダーク」と同じく濃厚なチョコレートの風味を堪能できる一品。チョコレートコポーは、色の淡い「ミルク」が選ばれています。どちらのタイプを選んでも、寒い冬にピッタリな温かいドリンクを楽しむことができます。


リンツのフランボワーズホットチョコレートドリンクは2017年2月15日までの期間限定販売ですが、なくなり次第終了となっているので、気になった人は早めに味わっておくほうが良さげ。リンツ ショコラ カフェ全店で提供されていますが、自由が丘店、吉祥寺店ではマグカップで提供されているほか、銀座店だけはガラスマグカップになり、価格が税込1234円になっています。

・関連記事
とろーり濃厚チョコソースと「謎チョコキューブ」入りでスイーツ寄りの「明星 一平ちゃん夜店の焼そば チョコソース」試食レビュー - GIGAZINE

「こんな見た目のチョコがあるのか!」ということでおせちっぽくチョコを詰めまくる「チョコレートおせち」の作り方 - GIGAZINE

ローストした香ばしいバナナとチョコレートを合わせたスタバの「チョコラティ バナナ ココ」や「チョコラティ バナナ ココ フラペチーノ」を飲んでみた - GIGAZINE

チョコレートに関する知られざるほろ苦い真実いろいろ - GIGAZINE

チョコレートを食べると脳の認識機能が向上する - GIGAZINE

in 試食, Posted by logx_tm