トリのアタマをパカッと割ると甘い照り焼きチキンが現れるローソン「からあげクンまん 照り焼きチキン味」


2017年は酉年と言うこともあり、ローソンでは2016年で発売30周年を迎えた看板商品「からあげクン」をモチーフにした中華まん「からあげクンまん 照り焼きチキン味」が2016年12月31日から数量・期間限定で登場しています。おやつ感覚のからあげ「からあげクン」ではなく「照り焼きチキン」が入っているという、チョッとややこしさもある中華まんがどんな味になっているのか、売り切れてしまう前に食べてみました。

「からあげクンまん 照り焼きチキン味」発売|ローソン
http://www.lawson.co.jp/company/news/detail/1287949_2504.html

ということでローソンで買ってきた「からあげクンまん 照り焼きチキン味」(税込194円)。オリジナルとなったからあげクンレギュラー味の箱に描かれているキャラクター「からあげクン」のイメージをそのまま中華まんで再現してあります。


底に付く薄紙も特別デザイン仕様となっています。


一瞬のためらいもなくからあげクンをパカッと割ってみると、中からは照り焼きソースの甘くておいしそうな香りが飛び出してきました。


ホカホカ・フカフカの皮の中には、甘く味付けられた照り焼きソースを絡めた、ひと口サイズの焼きチキンが入っていました。実に濃厚な風味で、寒い冬にピッタリな一品といえますが、実はからあげクンまんを味わえるチャンスはもうあまり残っていない様子。


からあげクンまんは数量・期間限定の商品となっており、記事作成時点ではもうあまり残りが多くない状態になっている模様。店舗によってはもう入荷予定がないとのことなので、見つけたら即購入しておくほうが良さそうです。

ちなみに、ローソン研究所のウェブサイトによると、からあげクンは「鳥」ではなく「からあげの妖精」とのこと。間違えないように注意してあげてください。

2017年は酉年!中華まんに「からあげクンまん 照り焼きチキン味」が登場!|ローソン研究所
http://www.lawson.co.jp/lab/tsuushin/art/1287652_4659.html

そう。中華まんなのにからあげクン。
からあげクンは、ローソンの店舗に住んでいるからあげの妖精なんだ。
(鳥ではなく妖精だよ・・・!)

・関連記事
境内で東天紅が鳴く「石上神宮」に行ってきた - GIGAZINE

レア顔が飽和状態の妖怪ウォッチの中華まん「ジバニャンまん」「トムニャンまん」はこんな感じ - GIGAZINE

ふなっしーの肉まん「ふなっしーまん」がファミマで100万個限定なので食べてみた - GIGAZINE

あのウルトラマン&バルタン星人を丸かじりできる「ウルトラまん&バルタンまん」をファミリーマートで買って食べてみた - GIGAZINE

ガチャピンとムックが中華まんになった「ガチャピンまん・ムックまん」を食べてみました - GIGAZINE

ファミマ「はちゅねミク肉まん」速攻試食レビュー、80万食限定で味はネギ塩 - GIGAZINE

青い「スライム肉まん」を早速ファミリーマートで買って食べてみました - GIGAZINE

オラフっぽさが足りない「アナと雪の女王 オラフ/チョコまん」を食べてみた - GIGAZINE

チョコの影響でガングロになったキティちゃん、「ハローキティチョコまん」試食レビュー - GIGAZINE

312

in 試食, Posted by logx_tm