試食

「ローストビーフめし」「海老アヒージョめし」などの変わり種おにぎりを「かむげん」で買ってみた


国産そば粉を使った香り豊かな蕎麦をつけそばで食べられるそば居酒屋「かむげん」では、テイクアウト限定で「ローストビーフめし」「海老アヒージョめし」などの変わり種おにぎりを販売しています。ローストビーフやアヒージョがどんな風に「おにぎり」としてアレンジされているのか、実際に購入して確かめてみました。

かむげん
http://www.itadori.co.jp/shop/shop_30.html

かむげんの住所は「東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDXビル 2F」です。


秋葉原UDXビルに到着。


UDX内のAKIBAICHIの2階に「かむげん」が入っています。そのまま店内に入ってそばを注文することも可能ですが……


店頭ではこんな感じでいろいろなおにぎりが販売されていました。取り扱っているおにぎりは「おかかと昆布めし」(税込280円)、「ツナマヨネーズめし」(税込280円)、「ドライカレーめし」(税込380円)、「海老アヒージョめし」(税込450円)、「ローストビーフめし」(税込480円)の5種類。いずれも中に煮卵が入っています。


今回はドライカレーめし・ローストビーフめし・海老アヒージョめしを購入。


手に持ってみると1個でも満足できそうなほど巨大なおにぎり。


ローストビーフめしはのりの代わりに薄切りのローストビーフでご飯を巻いたおにぎりで、見た目のインパクトも大です。


食べてみると、中にはコショウとバターが効いたご飯が詰まっており、食べ進めるたびに肉のうまみが口の中に広がります。


ローストビーフめしには「お好みで」ということでマスタードが付いてきました。


ローストビーフのソースがついているわけではなく、食べ続けるとちょっと飽きてしまいそうな味わいなので、マスタードを付けるのは大正解。なんなら多めにもらってもいいかもしれません。


なお、食べ進めるとこんな感じで真ん中に煮卵が顔をのぞかせます。


次は海老アヒージョめし。


パッと見はのりを巻いたバクダンおにぎりですが、よく見ると海老の一部がはみ出しているのがわかります。ラップを開けただけでにんにくとオリーブオイルの香りが漂いまくりで、食欲をそそること間違いなし。


たまらずかぶりつくと、中にはご飯と一緒にぷりぷりの海老がいくつも入っていました。アヒージョのオイルを混ぜ込んだご飯のようで、「アヒージョとご飯ってこんなに合うんだ……」と思い知らされます。ちょっと油っこいのですが、ぷりっとした海老・出汁の効いた煮卵・にんにくのうまみがしみこんだご飯が組み合わさり、最後まで飽きることなく食べられました。


最後はカレーめし。


これも見た目はよくあるバクダンおにぎりなのですが、カレーの香りがふんだんに感じられます。


中のご飯はひき肉たっぷりのドライカレーで、煮卵との相性は抜群。ドライカレーはうまみがあり、しっかりとスパイスの香りを感じるものの、辛みは控えめなので辛いものが苦手な人でも食べられるはず。意外にものりとドライカレーもよく合っているということに気付くことができます。


なお、これらのおにぎりはネットで話題になった影響からか、13時には売り切れる日もあるとのことなので、気になる人は早めに買いに行ってみてください。営業時間は以下のようになっています。

[月~土]
11:00~23:00(22:00L.O.)
[日・祝]
11:00~22:00(21:00L.O.)

ランチ営業、日曜営業

・関連記事
山盛りのローストビーフでそびえ立つ「肉の火山」を作り出したメガ盛り肉食系プレート「フジヤマボルケーノ」をボルケーノキッチンで食べてきた - GIGAZINE

肉の層が何重にも折り重なった極上ローストビーフ丼が食べられる「肉食BARガブリミート」に行ってきた - GIGAZINE

目の前で焼かれる上質ミディアムレアステーキやローストビーフが楽しめる「MARUTAKE」で肉山盛りの丼を食べてきた - GIGAZINE

山盛りローストビーフを独り占めできるどんぶり飯を「エアーズロック」で食べてきた - GIGAZINE

火山のごとくそびえるローストビーフに挑んだ「ローストビーフ大野・和牛ローストビーフ丼」試食レビュー - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log