Apple×ナイキのランニング特化型「Apple Watch Nike+」レビュー、Apple Watchとは一体何が違うのか?


Apple Watch Series 2と同じ本体を持ちながら、通気性抜群でスポーツ時に着用するのにぴったりな「Nikeスポーツバンド」や、オリジナルの文字盤が使用できるというApple Watchのナイキオリジナルモデルが「Apple Watch Nike+」です。ナイキがリリースしているランニングサポートアプリのNIKE+ RUN CLUBと統合されたモデルになっており、ランニング時の運動量計測からモチベーションアップにまで幅広く活躍してくれそうだったので、発売日の10月28日に即ゲットしてどんな端末なのか確かめてみました。

Apple Watch Nike+ - Apple(日本)
http://www.apple.com/jp/apple-watch-nike/

◆フォトレビュー
Apple Watch Nike+のパッケージはこんな感じ。Apple製品といえば真っ白の箱に入っているのがお決まりですが、Apple Watch Nike+の箱は真っ黒です。


箱を開けると中には白色の紙が入っており……


その下にApple Watch Nike+があります。


さらに下には磁気充電ケーブルとUSB電源アダプタ。


箱の中身をすべて出してみると、Apple Watch Nike+の本体・磁気充電ケーブル・USB電源アダプタ・紙のケースが入っています。


紙のケースの中には説明書と、サブのNikeスポーツバンドが入っていました。


Apple Watch Nike+はこんな感じで、無数に穴の空いたNikeスポーツバンドが特徴的。今回購入したのはApple Watch Nike+のスペースグレイアルミニウムケースとブラック/クールグレーNikeスポーツバンドの38mmケースモデル。


裏面はこうで、Nikeスポーツバンドはツートンカラーになっています。


バンドの裏側には「Apple Watch Nike+」のロゴ。


本体正面


裏面には「Apple Watch」「SERIES 2」「Nike+」の文字が入っており、本体がApple Watch Series 2のApple Watch Nike+であることがわかります。


右側面にはデジタルクラウンとサイドボタン


左側面にはスピーカーとマイク


Nikeスポーツバンドの使用方法はスポーツバンドと同じで、バンドの端にある突起を……


反対側のバンドに挿して……


余ったバンドを反対側にある穴に入れるだけ。


するとこんな風に装着できるようになります。


Apple Watch Nike+はバンドと背面の文字以外はApple Watch Series 2とまったく同じ端末。Apple Watch Series 2が初代Apple Watchからどう進化したのかは以下の記事を読むとわかります。

「Apple Watch Series 2」がどう進化したのか使ってみたレポート - GIGAZINE


◆Nikeスポーツバンド
初代Apple WatchのスポーツバンドとNikeスポーツバンドを比較してみました。触ってみた感触は2つとも同じような感じで、サラッとしていながら手にしっとり吸い付くような独特のもの。


Nikeスポーツバンドはフルオロエラストマー製で、圧縮成形された通気穴で軽量化と通気性アップを実現しています。実際にApple Watchのスポーツバンドを装着したことがある人なら分かると思うのですが、バンドは水分をはじくので夏の暑い時期や運動時にはApple Watchと手首の間に汗がたまって蒸れるのが非常に気持ち悪いです。しかしNikeスポーツバンドならば、多数の通気穴が空いているのでバンドと手首の間の水分も蒸発しやすくなっているというわけ。


◆ナイキオリジナルの文字盤
初回起動時のセットアップを済ませると、Apple Watch Nike+では最初に以下のようにNIKE+ RUN CLUBの通知に関する情報が表示されます。


起動すると表示されるこれがApple Watch Nike+専用の文字盤です。


黒とライムイエロー(公式によるとボルト)のツートンカラーが特徴で、文字盤左上のナイキアイコンもしくは文字盤下部の「今日も走りませんか?」という表示をタップするとNIKE+ RUN CLUBが起動します。


Apple WatchアプリのNIKE+ RUN CLUBでは、ランニングをスタートするための「START」ボタン


ランニングの距離・経過タイム・スピードを表示するボタン


ランニング時の設定


「次にいつランニングするのか」を設定するボタン


ランニング時の走行距離・時間を表示する画面などを表示できます。


実際にApple Watch Nike+でNIKE+ RUN CLUBを動作させている様子は以下のムービーで見ることができます。NIKE+ RUN CLUBは測定を一時停止したり停止したりした際、ランニングの結果を音声で通知してくれるのがApple純正のワークアウトアプリよりも優れた点に感じました。なお、NIKE+ RUN CLUBはApple Watch Nike+を購入しなくても無料でインストール可能なアプリで、ナイキオリジナルの文字盤でなくてもコンプリケーション部分に登録することはできます。

Apple Watch Nike+でNIKE+ RUN CLUBを動作させるとこんな感じ - YouTube


Apple Watch Nike+でしかゲットできないのは文字盤デザインで、オリジナルのものは以下の2種類です。初期設定では「Nike+ Digital」がセットされていますが「Nike+ Analog」という文字盤もナイキオリジナルのものです。


ナイキオリジナルの文字盤のデザインはユーザーの好みに合わせて細かく変更可能。文字盤デザインの変更はペアリングしたiPhoneのApple Watchアプリから行うのですが、ナイキオリジナルの文字盤の場合、カラーとスタイルを複数のデザインの中から選べるようになっています。


なお、「Apple Watch Nike+」は税別3万7800円から購入可能で、Apple Watch Series 2のスポーツバンドやウーブンナイロンと同じ価格から購入できるので、「最新のApple Watchがほしい!」という人は選択肢として考えてみるのも良いかもしれません。


また、「Apple Watch Nike+」はGIGAZINE年末年始プレゼント大放出企画でもゲットできます。

GIGAZINE年末年始プレゼント大放出企画「アンケートに答えて全部持っていってください!」 - GIGAZINE

・関連記事
「Apple Watch Series 2」がどう進化したのか使ってみたレポート - GIGAZINE

「Apple Watch」を入手したので開封の儀&速攻フォトレビュー - GIGAZINE

Appleが「Apple Watch Series 2」発表、防水機能やGPSを搭載 - GIGAZINE

Apple Watch Series 2バラバラ分解レポート、大幅に進化した中身が明らかに - GIGAZINE

「iPhone 7/7 Plus」や「Apple Watch Series 2」などが発表されたAppleの新製品発表会まとめ - GIGAZINE

115

in レビュー,  モバイル,  ハードウェア,  動画, Posted by logu_ii