3Dプリンター「Zortrax M200」「MakerBot Replicator 2」でGIGAZINEロゴ入りのSDカード入れが完成するまで


10月30日(日)のGIGAZINEオフラインイベント第3回にて、GIGAZINEオリジナルグッズが完成するまでを「メイキング・オブ・GIGAZINEオリジナルグッズ」ということでプレゼンするわけですが、その資料を先に公開しておきます。

2台の3DプリンターでSDカード入れを作成


作成フローはざっくりとこんな感じ


ステップ1:素材と道具を揃える


事前に必要な素材と道具を揃えておきます


3Dプリンターで造形物を作るための素材


取り除く・バリ取り・切るための道具


除去・潤滑剤・クリーニングするための道具


解体・固体・故障・断線の道具


ステップ2:3Dデータ作成


3D CAD(3DCG)ソフトを使って3Dデータを作成


ステップ3:スライシングデータ作成


3Dプリンターで造形物を作れるようにするには?


プリントの設定を指定


スライシングデータ(G-Codeファイル)の作成・保存


プレビュー画面で1層1層積層される様子


ステップ4:セットアップと印刷


印刷前のセットアップ(その1)


印刷前のセットアップ(その2)


印刷前のセットアップ(その3)


いざ、印刷開始!


1時間後


2時間後


3時間後


4時間後


5時間後


6時間後(印刷完了)


ステップ5:パーツ分け~完成


パーツ分けで使用する道具


ヒートベッドから造形物を取り出す


造形物を取り出したらパーツに分ける


パーツに分けたらバリ取りをする


バリ取りをしたら組み立てをする


完成!




申込は以下から。

GIGAZINE シークレットクラブ 第3回オフラインイベント「GIGAZINEオリジナルグッズ展示会」とは?
http://gigazine.net/club/gscoff3/

・関連記事
わずか20万円台で買える3Dプリンター「Replicator2」実機使用レビュー、実際に立体物を作るとこんな感じに - GIGAZINE

驚くほど手軽に使える3Dプリンターでオバマ米大統領やクラインの壺を製作、約20万円で買える「Replicator2」の実力を確かめてみた - GIGAZINE

遠隔監視可能な新世代3Dプリンター「MakerBot Replicator(第5世代)」 - GIGAZINE

91

in ピックアップ,   レビュー,   ソフトウェア,   ハードウェア,   デザイン,   お知らせ, Posted by darkhorse