「完全自動運転」を実現したテスラ・モデルXで自宅から会社まで通勤、さらには自動パーキングする様子


2016年10月20日、テスラモーターズは完全自動運転の実現に必要なカメラやセンサーなどのハードウェアを同社が生産する全ての車両に搭載することを発表しました。そんな自動運転機能を使って、自宅から会社までモデルXに乗って通勤する様子を再現したムービーをテスラが公開しています。

Full Self-Driving Hardware on All Teslas | テスラジャパン


モデルXに乗って自宅を出発。映像を見ればわかるように、ドライバーはハンドルに一切触れておらず、アクセルなどの操作も行っていないとのこと。


信号のない交差点では一旦停止。


快調に走り出すモデルX。車体には8個のカメラが取り付けられ、周辺の状況を常にモニタリング。


右折して大通りに出る交差点でも……


カメラやレーダーを使って、衝突する危険がないか確認。


そして赤信号でストップ。やはりドライバーは何も操作していない様子。


高速道路のような道を快調に走行


前方を撮影するカメラも。周囲360度全ての状況を認識できるシステムが搭載されています。


そして勤め先に到着。


敷地内の道路を進んで……


会社の入り口に停車し、ドライバーを降ろしました。よく見ると、ドアが自動で閉まる様子も収められています。


その後は駐車する場所を探して……


パーキング内をウロウロ。ここでは、自動でパーキングスペースを見つけて駐車する「パーク シークエンスモード」が用いられている模様。


人が飛び出してきても、きちんと停車。


そしてやっと駐車位置を発見。


周囲の車に当たらないようにハンドルを切り返して……


縦列駐車を完了させました。ほとんど全ての行程を自動運転で走行している様子がわかるムービーでした。


完全自動運転に向けた取り組みについては、テスラの日本語ページでもすでに情報が公開されています。

自動運転 | テスラジャパン
https://www.tesla.com/jp/autopilot


テスラが搭載を始めたハードウェアは、周囲360度の視界と、最長で250メートル先までの状況を撮影する8台のサラウンドカメラ、そして従来の2倍の距離までの物体を検知可能なアップデートされた12個の超音波センサーなど。そして最先端のプロセッシング技術を採用したフォワードフェーシングレーダー(前方レーダー)を用いることで、豪雨、霧、塵や前方を走るクルマをも見通すことが可能になっているとのこと。


実際に自動運転機能を使用するためには、車両本体のソフトウェアを更新する必要があります。各国の法規制との兼ね合いはあるようですが、ソフトウェアの配信は2016年末にも開始されることが予定されています。

テスラではこの自動運転機能でいわゆる「完全自動運転」に相当する「レベル5」にまで対応することを視野に入れている模様。このレベルでの自動運転をめぐってはIT界の巨人・Googleや既存の自動車メーカーなどがこぞって2020年までの実用化を目指して開発を進めています。テスラでは2017年中にも自動運転機能を実用化することを視野に入れているようですが、予定どおりに実際の公道で自動運転が実用化されることになると、テスラが完全に他社に抜きん出る可能性もあります。

なお、テスラのイーロン・マスクCEOは発表会において、自動運転機能だけでロサンゼルスからニューヨークまで、つまりアメリカ大陸の横断を2017年末までに成功させる計画を言明。道中はドライバーは一切ハンドルやペダルに触れず、バッテリーの充電すらも車両が自動で行うことが予定されているとのことです。

Tesla wants new self-driving tech to autonomously road trip from LA to New York - The Verge
http://www.theverge.com/2016/10/19/13341100/tesla-self-driving-autonomous-road-trip-la-nyc

完全自動運転が可能になると、テスラのオーナーが自分の車をUberやLyftなどのカーシェアリングサービスに活用してお金儲けを行うことも予想されます。しかし、テスラはそのような有償での輸送は、「テスラネットワーク (Tesla Network)」で許可された場合においてのみ可能であると規定しており、誰でも気軽に活用できるというわけではなさそうです。

Don’t plan on using your autonomous Tesla to earn money with Uber or Lyft | Ars Technica
http://arstechnica.com/cars/2016/10/dont-plan-on-using-an-autonomous-tesla-to-earn-money-with-uber-or-lyft/

・関連記事
ハンドルもペダルもない自動運転カーを2021年までに完成させるとフォードが宣言 - GIGAZINE

テスラの新型EV「モデルX」がついに日本上陸、ファルコンウィングドアを持つ最先端の「E-SUV」をじっくり見てきました - GIGAZINE

Googleのセルフドライビングカーに「緊急車両を回避する機能」が搭載される - GIGAZINE

「無人運行」に向けて検証スタート、Uberの自動運転カーが公道デビュー - GIGAZINE

近い将来に登場するのが確実な「自動運転カー」についてドライバーはどのような印象を持っているのか? - GIGAZINE

自動運転トラックの登場で大量のドライバーが失職の危機 - GIGAZINE

テスラの自動運転「オートパイロット」で人命が救われる - GIGAZINE

テスラ・モデルXのオートパイロットモードで立て続けに交通事故が発生か - GIGAZINE

159

in 乗り物,  動画, Posted by logx_tm