試食

曖昧さに磨きがかった「ブラックサンダーのピンクなグレーゾーン」試食レビュー


おいしさイナズマ級の「ブラックサンダー」で知られる有楽製菓から、「ブラックサンダーのピンクなグレーゾーン」という不思議な名前のお菓子が2016年10月18日から全国のローソンに期間限定で登場します。曖昧さに磨きがかかったブラックサンダーを一足先にゲットできたので、実際に食べてみました。

ユーラクニュース: 「ブラックサンダーのピンクなグレーゾーン」新発売のお知らせ
http://yurakuseika.lekumo.biz/blog/2016/10/post-ead1.html

ということで、これが「ブラックサンダーのピンクなグレーゾーン」


「ブラックでピンクでグレーで一体何味なの?」と思ってしまいますが、ピンクグレープフルーツ味とのこと。


原材料名を見てみると、確かに「グレープフルーツ加工品」と書かれています。


カロリーは1本あたり112kcalです。


袋から出してみるとこんな感じ。単体で見ると、いつものピンクでもグレーでもなく、いつものブラックサンダーのように思えます。


ということで、比較用にオリジナルのブラックサンダーも購入してみました。


横に並べてみると、確かに「ブラックサンダーのピンクなグレーゾーン」はやや色が薄く、グレーがかっています。


「ブラックサンダーのピンクなグレーゾーン」をカットしてみたところ。特に目立った特徴はないように見えます。


しかし、別の部分をカットしてみると、ピンク色のクランチを発見。ここが「ブラックサンダーのピンクなグレーゾーン」のピンクなところというわけです。


「ピンクグレープフルーツ味」と知りながら食べてみると、口に入れた瞬間にふわっと広がる柑橘の香りや、かむ度に感じるしっかりとした酸味、後味として残るほのかな苦みから「なるほどグレープフルーツ」と納得してしまいます。ピンク色の部分はカリッとしたクランチになっており、いつもの「やや重め」のブラックサンダーが食感や酸味・香りから軽い仕上がりになっていました。

しかし、何味かを知らずに食べた人は「イチゴ?」「梅?」と混乱していました。ピンクグレープフルーツというと、普段の生活では果物そのままか100%ジュースでしか口にする機会がないので、「ブラックサンダーのピンクなグレーゾーン」のほどほどに抑えられた酸味からはイメージが結びつきにくい模様。ただ、ほのかにオレンジピールのような苦みが感じられるこのブラックサンダーには、オレンジ×チョコレートのような組み合わせが好きな人からは「おかわりしたい」というコメントもありました。


ということで、柑橘とチョコレートという爽やかな組み合わせが好きな人には強くオススメしたい一品。なお、価格は税込43円になっています。

・関連記事
チョコレートを食べると脳の認識機能が向上する - GIGAZINE

甘い物は心を広くする?砂糖と人間関係の意外な関連性 - GIGAZINE

明治製菓の「56種類のチョコレート」を命がけで全部食べてみた~前編~ - GIGAZINE

ブラックサンダーの「義理チョコショップ」で高級感漂う「生ブラックサンダー2016」などを買って食べてみました - GIGAZINE

チョコレートの泉が自宅に湧いてチョコ付け放題になる「siroca crossline チョコレートファウンテン」レビュー - GIGAZINE

in 試食, Posted by logq_fa