「Apple Watchを閣僚が着用すること」が禁止に


2016年6月に国民投票でEU離脱派が勝利したイギリスではキャメロン首相が辞任を表明。後を受けてテリーザ・メイ氏が新たな首相に就任しましたが、メイ政権では閣僚のApple Watch着用が禁止されているそうです。

Apple Watches banned from Cabinet after ministers warned devices could be vulnerable to hacking 
http://www.telegraph.co.uk/news/2016/10/09/apple-watches-banned-from-cabinet-after-ministers-warned-devices/


The Telegraphによると、着用禁止はApple Watchがロシアのスパイにハッキングされて、盗聴されることを警戒してのことだそうです。

以前は閣僚のスマートウォッチ着用は特には禁止されていなかったようで、閣僚の中にはスマートウォッチを着用したまま公務を行う人もいました。第1次キャメロン政権下で当初は教育相、のちに庶民院幹事長に転じたマイケル・ゴーヴ氏には、閣僚会議が行われているときにスマートウォッチを使ってメールの確認をしようとしたところ、誤操作してしまい、ビヨンセの曲を流してしまったというエピソードがあります。

ゴーヴ氏の話は笑い話で済ませられますが、スマートウォッチのハッキングを警戒するのは決して大げさなことではなく、2015年7月にヒューレット・パッカードが行った調査では、テスト対象となった10個のスマートウォッチすべてに脆弱性が見つかったと報告されています。

スマートウオッチにもハッキングのリスク 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
http://www2.afpbb.com/articles/-/3055394


なお、「Apple Watch」が着用禁止になったとのことですが、その他のスマートウォッチがOKなのかどうかは不明です。

・関連記事
Apple Watchの最新OS「watchOS 3」が登場、アプリ起動時間の爆速化など新機能が次々と追加される - GIGAZINE

値下げされたApple Watchに新作バンドが多数追加、バンド全種類まとめ - GIGAZINE

GoogleのスマートウォッチOS初の大型アップデート「Android Wear 2.0」新機能まとめ - GIGAZINE

カシオが本気のアウトドア向けスマートウォッチ「WSD-F10」を発表、モノクロとカラーの液晶を重ねた二階層構造で電池寿命を1カ月以上伸ばすことも可能 - GIGAZINE

なぜApple Watchは生まれたのか、その「真の理由」が語られる - GIGAZINE

Apple Watchを9か月間使ったものの、最終的に「卒業」することにした理由とは? - GIGAZINE

140

in モバイル,  ハードウェア,  セキュリティ, Posted by logc_nt