ありえないくらい超至近距離でアイドルのライブパフォーマンスを楽しめる「りりこち×マチ★アソビ with ご当地アイドル」


徳島県発のご当地アイドルチーム娘にゃんドル、愛媛発の農業アイドル愛の葉GirlsSACKY、高知県発のご当地アイドルりりこちという3組のアイドルたちがマチ★アソビ vol.17で「りりこち×マチ★アソビ with ご当地アイドル」としてイベントを開催しました。

マチ★アソビ vol.17のクライマックスラン3日目、新町橋東公園のステージでいきなりライブがスタート。


最初に出てきたのは徳島発の猫耳アイドル「チーム娘にゃんドル(チームコニャンドル)」。メイドliveカフェ にゃんにゃんを拠点に活躍しているそうです。


来場者の中にはチーム娘にゃんドルのファンの姿も。


バッチリオリジナルグッズで武装している人たちも発見。


新町橋の対岸からはピカチュウ(?)とケロロ軍曹(?)がライブをじっくり眺めていました。


「ノーディストーション」という曲ではヘッドバンギングするために頭からトレードマークの猫耳を外していました。


続いて愛媛の農業アイドル「愛の葉Girls」のTeam E しょこらに所属するSACKYが登場。


マチ★アソビのステージには1人で出演することになったものの、愛媛には「愛の葉Girls」所属のアイドルがたくさんいるそうです。


ライブの途中でひょうたん島クルーズの遊覧船が川側からパフォーマンスの様子を眺めていました。


普段は農作業をしているので肌がこんがり焼けているそう。


なお、SACKYは愛媛以外での活動は初めてとのこと。


りりこちとのコラボパフォーマンスも。


3組目に登場したのが高知発のご当地アイドル「りりこち」。


曲の合間にはステージからアメを投げまくっていました。


ステージから降りて観客席の中にまで入っていく、という自由すぎるパフォーマンスに……


会場も大盛り上がりでした。


マチ★アソビではアニメ関連のイベントも多いですが、「りりこち×マチ★アソビ with ご当地アイドル」や吉本のお笑いステージなども開催されているので、気軽にぶらりと近くを立ち寄ってみるとこれまでにない新しいトビラが開けるかもしれません。

・関連記事
「マチ★アソビ vol.17」全記事一覧まとめ - GIGAZINE

憧れのアイドルが目の前で熱唱ライブを繰り広げて歓喜&興奮マックスのPS VR「デレマス」を体験してきた - GIGAZINE

世界初の石膏像アイドルのひとりが開発に1000年もかけて作った税込38万円もする「トリスメギストス」が来場者プレゼントになった「石膏ボーイズ」一挙上映会 - GIGAZINE

地下アイドルアニメ「CHIKA☆CHIKA IDOL」がみんなの支援募集中、アニメの新しいスタイルを模索するプロジェクトに - GIGAZINE

68

in 取材, Posted by logu_ii