ついに「小学二年生」休刊、91年の歴史に幕を閉じる


1925年(大正14年)に創刊された「小学二年生」が2016年12月発売の2017年2・3月合併号で休刊することが発表されました。

小学二年生は学年誌の先駆けとして1925年に「セウガク二年生」として「セウガク一年生」「せうがく三年生」とともに小学館から創刊されました。1946年より「小学二年生」となり、1973年には同社の学年誌「小学三年生」が102万部を記録するなど学年誌の売上が伸びましたが、その後、学年別ではなくジャンル別の雑誌が人気を集めたことや少子化によって売上は減少していきました。

小学館ファミリーネット|小学二年生 最新号
http://family.shogakukan.co.jp/sho2_cover/


既に小学三年生・小学四年生・小学五年生・小学六年生は2009年度から2011年度末をもって休刊しており、小学館から発行される学年誌は残すところ小学一年生のみとなっています。

小学館の学習雑誌「小学五年生」「小学六年生」が休刊、87年の歴史に幕を閉じる - GIGAZINE


なお、小学二年生の休刊について小学館に問い合わせたところ「事実です」と認めています。

小学二年生 2016年 11 月号 [雑誌] | 本 | Amazon.co.jp


・2016/10/04 20:00 追記
小学館が小学二年生の休刊を正式に発表しました。

『小学二年生』休刊、 および今後の小学生向け出版事業について | 小学館
https://www.shogakukan.co.jp/news/146213

以下の「小学館からのお知らせ」の中には、小学二年生の休刊という情報に加え、「小学二年生~四年生をメインターゲットとした、まったく新しい学習増刊シリーズを来春に立ち上げ、小学生向けの新ジャンルを開拓していく」ということが述べられています。

(PDFファイル)『小学二年生』休刊、 および今後の小学生向け出版事業について



 さて、この度、学年別学習雑誌『小学二年生』を、2016年12月26日発売の2・3月合併号をもって休刊することといたしましたので、ご報告いたします。

 同誌は1925年の創刊以来、91年の長きにわたって読者の支持を得て参りました。しかし近年の子どもをとりまく環境は大きく変化しており、趣味嗜好が多様化している現在、読者のニーズに必ずしも合致しなくなってきました。
 このことを真摯ににとらえ、『小学二年生』を休刊するという判断に至りました。

 しかし弊社の小学生向け出版事業にかける意欲はまったく衰えてはおりません。図鑑百科・創作読み物・学習まんがなど、さまざまな出版活動はさらに工夫を重ねて参ります。そしてその基幹雑誌である『小学一年生』は、これまで以上の魅力的な企画を満載して次年度以降も引き続き刊行して参ります。
 さらに、『小学一年生』を卒業した小学二年生~四年生をメインターゲットとした、まったく新しい学習増刊シリーズを来春に立ち上げ、小学生向けの新ジャンルを開拓していく所存です。詳細につきましては今後の発表にご期待ください。

・関連記事
「マンガ誌の作り方変えてみました。」とスタートした新マンガ雑誌「コミックギア」、第3号が出版中止に - GIGAZINE

繊維業界紙「日本繊維新聞」が休刊、事業停止 - GIGAZINE

複数の大手出版社が共同で雑誌をネット配信へ、各社の記事を自由に検索可能に - GIGAZINE

「小悪魔ageha」などを出版していたインフォレストが倒産、負債30億円 - GIGAZINE

400誌以上のバラエティに富む雑誌が読み放題でバックナンバーも充実した読み放題サービス「タブホ」 - GIGAZINE

in メモ, Posted by logq_fa