広告をブロックする「Adblock Plus」が広告の販売を開始


ブラウザでウェブサイトを閲覧するときに広告をブロックしてくれる拡張機能「Adblock Plus」が、ComboTagという企業と提携して新しいプラットフォーム「Acceptable Ads Platform」を発表しました。Acceptable Ads Platformは、広告を配信したい企業がAdbock Plusから提供されるツールを使うことにより、Adbock Plusのユーザーに広告を表示させるという機能になっています。

AdBlock Plus confuses everyone by selling ads
http://thenextweb.com/insider/2016/09/13/adblock-plus-confuses-everyone-selling-ads/

Adblock Plus finds the end-game of its business model: Selling ads | Ars Technica
http://arstechnica.com/tech-policy/2016/09/adblock-plus-starts-selling-ads-but-only-acceptable-ones/

AdBlock Plus Is Now ... An Ad Network
http://www.forbes.com/sites/johnkoetsier/2016/09/13/adblock-plus-is-now-an-ad-network/

Adblock Plus now sells ads - The Verge
http://www.theverge.com/2016/9/13/12890050/adblock-plus-now-sells-ads

Adblock Plus launches its own advertising platform | ZDNet
http://www.zdnet.com/article/adblock-plus-launches-its-own-advertising-platform/

Adblock Plus is Launching an Ad Exchange - WSJ
http://www.wsj.com/articles/adblock-plus-is-launching-an-ad-exchange-1473768022

AppNexus, Google refute Adblock Plus partnership - Business Insider
http://www.businessinsider.com/appnexus-google-refute-adblock-plus-partnership-2016-9

AdBlock Plusはブラウザ上に表示される広告をブロックして非表示にすることができる拡張機能ですが、ブロックするべきなのはユーザーのウェブ体験を邪魔する「悪い広告」であるとして、同社が規定する「控えめな広告」の基準を満たせば広告がブロックされなくなるという「ホワイトリスト」という機能を設けていました。

広告を配信したい企業やアドネットワークはAdblock Plusにホワイトリストへの登録を申請する必要があり、申請が受理されるまで時間がかかるという問題がありました。今回Adblock Plusが発表したAcceptable Ads Platformは「広告を配信したい企業が提供されたツールを使ってウェブサイトに特定のコードを挿入するだけでAdblock Plusのユーザーに広告を表示させられる」というもので、今までホワイトリストの登録にかかっていた時間を劇的に短縮できるようになります。ただし、Acceptable Ads Platformに登録さえすればどのような広告でも表示させれるというわけではなく、表示できるのはAdblock Plusが定める「控えめな広告」のガイドラインを守っている広告のみです。


The Wall Street Journalによれば、アドエクスチェンジを通じて多くの顧客を有しているGoogleとAppNexusが、Acceptable Ads Platformから広告スペースを購入するであろう潜在的なクライアントをAdblock Plusに紹介するとのこと。広告を配信する企業は、広告から得た収益の何割かをAdblock Plusの親会社であるEyeoのほか、ComboTag・Google・AppNexusに支払うことになります。

Adblock Plusのユーザーは、ホワイトリストに登録されている広告を表示するかしないかを設定することが可能。しかし、ホワイトリストに登録されている広告の表示はデフォルトでオンになっていて、ユーザー全体の90%はデフォルトの設定を変更しないまま使用しているというデータがあります。

なお、Acceptable Ads Platformはベータ版の提供が開始されていて、2016年内には正式サービスを始めるとのことです。

・関連記事
Adblockよりもはるかに軽い広告除去ツール「µBlock」を使ってみました - GIGAZINE

定番広告ブロッカー「AdBlock Plus」と軽量ブロッカー「uBlock」を比較してみるとこうなる - GIGAZINE

Adblock Plusで広告をブロックされたサイトにお金を寄付する新機能「Flattr Plus」 - GIGAZINE

使える「広告ブロック拡張機能」10選 - GIGAZINE

無料でiPhoneのウェブブラウザ「Safari」上から広告を削除してしまう「Adblock Plus」を使ってみた - GIGAZINE

無料であらゆる広告を削除し尽すブラウザアプリ「Adblock Browser」のiOS版が出たので使ってみた - GIGAZINE

648

in ソフトウェア, Posted by darkhorse_log