iPhoneのバキバキに割れた画面がわずか3400円で修理できるようAppleCare+の価格が変更


すべてのiPhoneには製品購入後1年間のハードウェア製品限定保証と90日間の無償電話サポートがついています。しかし、AppleCare+ for iPhoneに加入すれば、保証・サポート期間は購入日から2年間に延長され、端末を損傷してしまっても安価で修理できるようになるため安心です。そんなAppleCare+の画面損傷の修理にかかる費用が変更され、最新モデルの場合税別1万1800円かかっていた修理費用がわずか税別3400円(画面の損傷のみ)で行えるようになっています。

Apple introduces new $29 screen repair tier to AppleCare+, raises fee for other repairs to $99 | 9to5Mac
https://9to5mac.com/2016/09/07/applecare-plus-screen-repair-price-change/

AppleCare+に加入している場合でも、これまでは画面損傷の修理に99ドル(日本の場合は税込4400円から税別1万1800円)必要でした。しかし、最新の「iPhone 7/7 Plus」が発表されたタイミングでAppleはこの価格帯に変更を加え、画面損傷のみの場合、わずか29ドル(約2900円)で修理が行えるようになりました。

iPhone Screen Repair & Replacement - Official Apple Support


日本語版の画面を損傷したiPhoneの修理に関する詳細が書かれているページでは、記事作成時点では以下のような価格表になっており、AppleCare+に加入している場合でもiPhone 6s/6s Plusだと税別1万1800円の修理費用が必要となっていました。

iPhone の画面の損傷 - Apple サポート 公式サイト


しかし、iPhone用のAppleCare+である「AppleCare+ for iPhone」のページを確認すると、「画面の損傷は1回につき3,400円(税別)、そのほかの損傷は1回につき1万1800円(税別)」と確かに書かれています。

iPhone - AppleCare+ - Apple(日本)

過失や事故による損傷に対する修理などのサービスを、画面の損傷は1回につき3,400円(税別)、そのほかの損傷は1回につき11,800円(税別)のサービス料で最大2回まで受けることができます。


AppleCare+に未加入の場合、iPhone 6sの画面修理は税別1万4800円。iPhone 6s Plusの場合は税別1万6800円となっているので、これがわずか税別3400円で可能になるというのはユーザーにとっては非常にありがたいところ。

なお、新型iPhone 7および7 PlusでAppleCare+に加入するのにかかる費用は税別1万4800円で、加入者は過失や事故による端末の損傷に対する修理を最大2回まで受けることができ、画面損傷の場合は税別3400円、その他の修理の場合は税別1万1800円で受けられるようになります。

なお、自分の持っているApple製品の保証状況やAppleCareの延長保証購入資格の有無などを確認したい場合は以下のページに端末のシリアル番号を入力すれば簡単にチェックできます。iPhoneのシリアル番号を確認したい場合は「設定」→「一般」→「情報」から確認可能です。

保証状況とサービス期間を確認する - Apple サポート


・追記 2016/09/08 18:10
実際に手元に画面が割れたiPhone(AppleCare+に加入済みのもの)があったのでサポートに問い合わせてみたところ、これから新規でAppleCare+に加入するユーザーは画面の損傷を修理するのにかかる費用が税別3400円となるものの、既に加入済みの場合は従来通りの価格が適用されるとのことです。

・関連記事
ビシビシに画面が割れたiPhoneをAppleCare+で交換修理してみました - GIGAZINE

「iPhone 7/7 Plus」や「Apple Watch Series 2」などが発表されたAppleの新製品発表会まとめ - GIGAZINE

「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」がついに登場、耐水機能を搭載しイヤホンジャックが消える - GIGAZINE

日本のSIMフリー「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」のApple Store公式価格判明 - GIGAZINE

in モバイル, Posted by logu_ii