抗菌石けんは「効果に科学的根拠がない」として販売禁止に

By Sheila Sund

薬用石けんや化粧品に使用される殺菌剤の「トリクロサン」など、19種類の化学薬品を含む抗菌石けんやボディーソープの販売をアメリカ食品医薬品局(FDA)が禁止すると発表しました。

FDA bans antibacterial soaps; “No scientific evidence” they’re safe, effective | Ars Technica
http://arstechnica.com/science/2016/09/fda-bans-antibacterial-soaps-no-scientific-evidence-theyre-safe-effective/


2016年9月2日、FDAは抗菌石けんが通常の石けんと比べて安全性や効果において優れているという科学的根拠が存在しないとして、これらの販売禁止を発表しました。FDAの決定により、トリクロサンやトリクロカルバンといった化学物質・19種類のいずれかを含む石けんやボディーソープなどの販売が禁止となります。メーカーには抗菌作用の効果をあらためて明確に示すか、抗菌石けんの販売から手を引くための期間として、1年間の猶予が与えられます。

抗菌石けんの販売禁止が決定する以前から、これらに含まれるトリクロサンやトリクロカルバンといった化学物質が感染症の危険を増加させたり耐性菌の増殖や環境汚染につながるという研究結果は複数発表されていました。

抗菌・殺菌成分が入った「薬用石けん」は益どころか害になるおそれ - GIGAZINE


FDAの医薬品評価センターでセンター長を務めるジャネット・ウッドコック氏は、「消費者は抗菌石けんが細菌の増殖を防ぐのにより効果があると考えがちですが、通常の石けんと水を使った殺菌よりも有効という科学的根拠はありません。実際、いくつかのデータは抗菌成分には長期的な視点でみると利点よりも欠点の方が多い、と指摘しています」と語っています。なお、FDAは消費者に通常の石けんと水を使った手洗いを推奨しています。

FDAが抗菌石けんの規制に取りかかったのは2013年のことで、この時、抗菌石けんを製造するメーカーに対してそれらの有効性と安全性を示すデータを提出するように要請しました。しかし、メーカー側はデータを提出しないか、根拠のないデータを提出するかで、トリクロサンなどの殺菌成分の有効性および安全性は証明されないままとなっていました。

アメリカでは既に多くのメーカーがトリクロサンなどの化学物質を含む抗菌剤の取り扱いを段階的に中止しています。なお、アメリカで販売禁止となったトリクロサンですが、これらの抗菌成分は日本でも広く使用されています。

・関連記事
体や髪を洗いすぎると良くないというのは本当なのか? - GIGAZINE

シャボン玉が凍る瞬間の美麗な姿を捉えたムービー「Frozen soap bubbles」 - GIGAZINE

宝石のように見えるが石けんの「Savons Gemme」を使ってみました - GIGAZINE

ド派手なシャンプーや石けんを生野菜&果物から「シェフ」が作るLushの製造現場「ラッシュキッチン」潜入レポート - GIGAZINE

in メモ, Posted by logu_ii