「スターリングエンジン」とは別の珍しい機構を持つ卓上ミニチュアエンジン「Nano Disc Manson engine」


手のひらに乗るほどの大きさで、正確なリズムを刻んで淡々と回るエンジンの模型には独特の魅力が備わっています。ミニチュアエンジン愛好家の間でも人気の「スターリングエンジン」とは異なる「マンソンエンジン」と呼ばれる珍しい機構を持つエンジンのミニチュアモデルが「Nano Disc Manson engine」です。

Nano Disc Manson Hot Air Engine - by Kontax Engineering by Kontax Engineering Ltd — Kickstarter
https://www.kickstarter.com/projects/kontax/nano-disc-manson-hot-air-engine-by-kontax-engineer

この2つのミニチュアエンジンが、Kontax EngineeringのNano Disc Manson engine (Nano Disc)。金属製のシリンダーとピストン、そしてコンロッドとフライホイールを持つ構造はエンジンそのもので、土台のプレートの上には熱源として用いられるアルコールランプが置かれています。フライホイールの置き方で縦型モデル(左)と横型モデル(右)の2種類があります。


エンジン模型に少し詳しい人なら「おっ、スターリングエンジンかな?」と思ってしまいそうですが、実はNano Discはスターリングエンジンとは仕組みが異なる「マンソンエンジン」と呼ばれるタイプのエンジンです。スターリングエンジンに良く似た見た目を持つマンソンエンジンですが、スターリングエンジンとは異なる「吸排気を行う」と「ピストンロッドが一本だけ」という特長を備えています。

詳しい説明は省きますが、マンソンエンジン、または「マンソン・ホットエア・エンジン」を簡単に説明すると「吸排気を行うスターリングエンジン」と言うことができます。エンジン本体の中には排気用と出力用のピストンが巧みに配置されており、温められた空気で出力用のピストンを押し、その後に排気を行うサイクルを繰り返すことで回転するエンジンです。吸排気が行われるため、スターリングエンジンにはない、エンジンらしい稼働音がするのが特長です。


実際に動いている様子は、以下のムービーでも見ることができます。


空気の加熱と冷却を利用して回転を生みだすスターリングエンジンは、「2つのピストンを90度のクランク角で連結しなければならない」という機構上、エンジンの回転方法が一方向に固定されてしまいます。しかし、2つのピストンが同位相で動くマンソンエンジンは、以下のようにどちらの方向にも回転できるのも特長となっています。


ミニチュアエンジン愛好家なら思わず「おっ」と言ってしまいそうなNano Disc Manson engineは、クラウドファンディングサイトのKickstarterで出資を募集中。目標金額の5000ポンド(約69万円)に対し、記事作成時点では世界中の500人弱の出資者から約4万2000ポンド(約580万円)の出資が集まっています。

Early Birdプランはすでに全て枠が埋まっていますが、スタンダードプランに60ポンド(約8300円)の出資で1個ゲットすることが可能で、フライホイールが縦置きになるタイプは65ポンド(約9000円)となっています。また、ピストンをタングステンでコーティングすることで、以下のように摩擦を軽減したモデルもラインナップされており、横置きタイプが70ポンド(約9700円)、縦置きタイプが75ポンド(約1万500円)となっています。


さらに、モデル全体を覆うガラスドーム付きモデルも用意されています。こちらのタイプは横置きタイプが80ポンド(約1万1000円)、横置きタイプが85ポンド(約1万2000円)となっています。このほかにも、土台のベースプレートに刻印を施したモデルや、ベースプレートがゴールド仕上げになったプレミアムモデルも用意されています。


主な仕様は以下の通り。大きさは83×50×115mmで、重量は206グラムか208グラム。素材はガラスとブラス(真ちゅう)、ステンレス、アルミが用いられています。また、製造は全てイギリスで行われているとのこと。


なお、Nano Disc Manson engineを製作したKontax Engineeringは、スターリングエンジンをはじめとするさまざまなミニチュアエンジン模型を販売している企業です。すでにKickstarterでのキャンペーンも2回目とのこと。

Kontax Stirling & Stove Fan Engines
http://www.stirlingengine.co.uk/


日本への発送には、モデルに応じて16ポンドから20ポンドの(約2200円~2800円)の送料が別途必要。出資の締め切りは日本時間で2016年9月15日(木)0時28分となっており、出荷時期は2016年10月ごろが予定されています。

Nano Disc Manson Hot Air Engine - by Kontax Engineering by Kontax Engineering Ltd — Kickstarter
https://www.kickstarter.com/projects/kontax/nano-disc-manson-hot-air-engine-by-kontax-engineer

・関連記事
「Kickstarter」へ出資してゲットする方法&出資しまくった経験からわかった注意点まとめ - GIGAZINE

世界最小のV12気筒エンジンを作った男性が語るエンジニアリングへの情熱 - GIGAZINE

部品全てが紙でできている「紙エンジン模型」が実際に動く驚異のムービーが公開中 - GIGAZINE

ロータリー・4ストローク・蒸気機関など21種類のエンジンのGIFアニメーションが見られる「Animated Engines」 - GIGAZINE

アニメーションと図でいろいろな歯車や機構の動く仕組みが見てわかる「507 Mechanical Movements」 - GIGAZINE

圧縮空気のエネルギーで50メートルも爆走できる「エアエンジンカー」を組立ててみました - GIGAZINE

319

in ハードウェア,  動画, Posted by logx_tm