アニメ

連載40周年の「こち亀」、9月で連載終了が発表


週刊少年ジャンプで40年間にわたって連載を続けてきた長寿漫画「こち亀」こと「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が2016年9月17日発売の週刊少年ジャンプ42号で完結することが発表されました。

こち亀:40年の長寿連載に幕 コミックス200巻で完結 - 毎日新聞


「こちら葛飾区亀有公園前派出所」9月17日発売のジャンプで完結 - コミックナタリー


「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の連載40周年を記念し、2016年9月3日に東京の神田明神で作者の秋本治さん描き下ろしの約7メートルの巨大絵巻物の永年奉納が行われました。この巨大絵巻物の奉納式の中で、こち亀が2016年9月17日発売の週刊少年ジャンプ42号で連載終了することが発表されました。

作者の秋本さんは「40年も連載されることは作家にとってうれしいところ。いつまでも描きたい気持ちもある。これでスパッと切れるわけではなく、時々(ジャンプに)遊びに行くくらいでもいいかもしれません。今後の展開は未定。次の作品の構想もあります」と会見の中で語っています。連載終了について秋本さんは、「200巻を迎える2016年ですね。終わるかな?と迷っていました。おめでたい時に終わるのが一番かな?と考えた」とコメントしています。

作者の秋本治さんのコメント全文は以下の通り。

びっくりさせて申し訳ないです。今日、こんなめでたい席で終わっちゃうのは寂しいかもしれないけど、本当はすごくおめでたいことで、少年誌で漫画が40年続くってことはまずありえないですよね。
やっぱり、少年誌は読んでくれる方がどんどん変わるし、ましてや週刊の方は色んな新しいのを入れながら動くってのが少年誌の王道なので。
そんな場所で40年描かせてもらえたことは本当に嬉しいことなんです。
ましてや200冊まで出してくれたっていう、集英社と週刊少年ジャンプ編集部に作家としては本当にどれだけ頭を下げても足りないぐらいです。
200巻は作家にとって、勲章みたいなものですね。

両さんはお祭りが大好きなんですね。
で、200巻ということで、区切れの200で止めるのが一番こう、ぱっと身を引くのもいいし、40周年でみんなで祝ってもらったときにスッと消える感じがやっぱり両さんらしいし、そしたらこれしかないなということで。
もちろん編集長とかはできるだけ描いてくださいというのもありましたけど、やっぱり両さんの引き際としては、200冊残して40周年で祝ってもらってスッと消えるのがやっぱり一番良い大団円の場かなと思いましてそれで決めました。
これ本当に作家冥利に尽きる話で、もちろんいつまでもずっと描きたい気持ちはもちろんあるし、『こち亀』のネタはまだまだ沢山あります。
でもやっぱり両さんはこれで一区切りつけて、機会があれば時々遊びにいくぐらいはいいかなと思ってます。


巨大絵巻物の奉納式の際の神田明神の様子。


作者の秋本さんはその場で取材対応していたようです。


なお、作者の秋本さんは1976年9月の連載開始から1度も休載せずに40年間連載を続けています。

週刊少年ジャンプの連載作家もお疲れツイート。

「アイシールド21」の原作担当・稲垣理一郎さん


「スケットダンス」の作者・篠原健太さん


「みどりのマキバオー」のつの丸さん


「新米婦警キルコさん」「ベストブルー」の作者の平方昌宏さん


週刊少年ジャンプ以外の漫画雑誌連載陣からもねぎらいの声

週刊少年サンデーの「うえきの法則」などの作者・福地翼さん


イブニングで「少女ファイト」連載中の日本橋ヨヲコさん


週刊少年サンデーで「烈火の炎」「MÄR」などを連載した安西信行さん


「トラベラー」「ぼくらのよあけ」「アリスと蔵六」の作者・今井哲也さん


漫画家の横山了一さん


その他著名人のこち亀終了に対するツイート。

マンガやゲーム好きで有名なお笑いコンビ・麒麟の川島明さん


ウーマンラッシュアワーの村本大輔さん


ラッパーのSEAMOさん


お笑い芸人のガリガリガリクソンさん


役者の松島庄汰さん

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「銀魂」実写映画化発表、原作者・空知英秋さんは「全員銀魂と一緒に死んでもらう」とコメント - GIGAZINE

日本のマンガは世界中でどのように販売されているのかあちこち巡ってみた - GIGAZINE

週刊少年ジャンプが3月14日発売号をネットで特別無料配信、まだ届かない地域のために緊急措置 - GIGAZINE

週刊少年ジャンプ連載の「ONE PIECE(ワンピース)」、累計発行部数が2億部突破へ - GIGAZINE

in アニメ, Posted by logu_ii

You can read the machine translated English article here.