Twitterにフォロー外からの通知をオフにできるフィルター機能が実装、使用方法はこんな感じ


Twitterでは自分のツイートに対する「リプライ」や「いいね」「リツイート」などの他者からの反応が通知として飛んできます。最初はいろいろな反応がうれしいものですが、ツイートが多くの人にリツイートされだすと、自分がフォローしていない見ず知らずのTwitterユーザーがリツイートしたことまで通知してくるので、通知はトンデモナイ数になって本当に大事な通知が埋もれてしまうこともあります。そんな「通知がほとんど機能していない!」という状態の人にとって役立ちそうな新しいフィルター機能がTwitterに実装されました。

ご自分でコントロールしやすくなります | Twitter Blogs
https://blog.twitter.com/ja/2016/0819notification

Twitterにフォロワー以外からの通知をオフにしたり、同じアカウントからの同じ内容のツイートや自動生成されたツイートの通知をオフにしたりすることができる通知設定が新たに追加されます。この機能はユーザーのアカウントに順次搭載される予定で、GIGAZINE編集部アカウントには新機能の1つの「クオリティフィルター」のみ実装されていました。

そんな新機能の使い方は簡単で、Twitterの「通知」をタップ。


iOS版アプリの場合は画面左上に設定ボタンが出現するようになるのでこれをタップ。


この画面に表示される「Quality filter(クオリティフィルター)」をオンにすると、アカウントの言動を含めたさまざまな要因を利用したフィルターがかかります。例えば、同じアカウントからの同じ内容のツイートや自動生成されたツイートの通知を受け取らなくなります。ただし、ユーザーがフォローしているアカウントやユーザーが返信ツイートを送っているアカウントからの通知にはフィルターがかからないようになっており、いつでも設定からオン・オフが可能。


フォロー外からの通知をオフにしたい場合は「Only people you follow」をタップ。すると、フォロー外からの通知がオフになり、フォロワーとの会話など大切な通知を見落としにくくなります。

・関連記事
Twitterアカウントが本物であることを示す「認証済みバッジ」のリクエストシステムが登場、申請方法まとめ - GIGAZINE

Twitterの画像編集に「ステッカー」機能が追加、実際にどんな画像が作れるようになるのか? - GIGAZINE

Twitter上の迷惑ユーザーを駆逐すべく1度に複数ツイートを迷惑行為として報告可能に - GIGAZINE

Twitterが最長420文字の説明文をツイートの画像に追加できる「画像の説明」機能をスタート - GIGAZINE

Twitterがタイムライン最上部に「重要な新着ツイート」の固定表示スタート、最終的には「@」「リプライ」も変更になる可能性大 - GIGAZINE

in ソフトウェア,   ウェブアプリ, Posted by logu_ii