ソフトウェア

「MicrosoftはWindows 10でユーザーの選択とプライバシーをないがしろにしている」と電子フロンティア財団が批判


Windows 10は最後のWindowsになる」とも言われる特別なOSで、Microsoftは旧OSからの無償アップグレードキャンペーンを大々的に行うなど、これまでになくその普及にいそしんでいます。しかし、そのWindows 10を普及させようとするMicrosoftのやり方に対して電子フロンティア財団(EFF)は苦言を呈しています。

With Windows 10, Microsoft Blatantly Disregards User Choice and Privacy: A Deep Dive | Electronic Frontier Foundation
https://www.eff.org/deeplinks/2016/08/windows-10-microsoft-blatantly-disregards-user-choice-and-privacy-deep-dive

◆一連のWindows 10無償アップグレードキャンペーン
MicrosoftはWindows 10を2018年末までに10億台の端末に普及させることを目標に掲げ、Windows 7などの旧OSからの無償アップグレードキャンペーンを行い、Windows 10を猛烈にプッシュしてきました。しかし、強引すぎるとも言える手法を採ったMicrosoftに対しては、ユーザーから批判の声が上がりました。Microsoftが採用した手法の変遷は以下の通り。

「Windows 10にアップグレードしませんか?」のポップアップ広告プログラムがさらにアグレッシブに変更される - GIGAZINE


ユーザーの許可なくWindows10に自動アップグレード寸前までいってしまうという報告が相次ぐ - GIGAZINE


Windows 10への自動アップグレードスケジュールの通知がさらに凶悪化してWindows Updateと一体化、キャンセル方法はコレ - GIGAZINE


この強引なMicrosoftの手法に対しては、有志によって自動アップデートプログラムを削除するツールが作成され、これに対してMicrosoftはWindows Updateのセキュリティパッチに自動アップデートツールを組み込むなどの対抗措置に出て、ユーザーとMicrosoftの間のイタチごっこが続きました。

ワンクリックで「Windows 10にアップグレードしませんか?」アイコンを消せる多機能ツール「GWX Control Panel」 - GIGAZINE


Windows 10への自動アップグレードテロをワンクリックで防ぐツール「Never10」 - GIGAZINE


EFFは、一連のMicrosoftの戦略の中でも、2016年5月に現れたWindows 10への更新を促すポップアップ通知のウインドウを閉じるために「X」ボタンをクリックすると「同意」と解釈してWindows 10を自動ダウンロードするという手段に出た点について、「非常に欺瞞に満ちていた」と手厳しく批判してます。

◆ユーザープライバシーの軽視
EFFはMicrosoftのまずい対応は、お仕着せがましいWindows 10の無償アップグレードキャンペーンだけにとどまらないと述べています。Windows 10は前例にないほどのユーザーデータをサーバーに送信します。これは、Windows 10がクラウドの利用を前提に常時インターネットに接続している環境を想定して設計されているからであり、代表的な新サービスに音声アシスタント機能「Cortana」が挙げられます。

Cortanaの機能を便利に思う人が一定数いるのは間違いのないところですが、Cortanaを利用するために送信される個人情報が、位置データ、テキスト入力、音声入力、タッチ操作、ウェブ閲覧履歴、ユーザー固有のテレメタリーデータなど多岐にわたることから、プライバシー保護との兼ね合いで、「Cortana機能を使わない」という道を選ぶユーザーも確実にいます。しかし、大きな問題は、Cortana機能をオプトアウトしたとしても、それでユーザーデータの送信がストップするという保証がないところ。Microsoftはユーザーデータは集約化・匿名化されていると述べていますがその方法について説明することがない、とEFFは批判しています。

・関連記事
Windows 10はプライバシー設定をオフにしてもMicrosoftのサーバにデータを送信していることが判明 - GIGAZINE

Windows 10のアップデートでPCがフリーズする問題をMicrosoftが正式に認め対応策を公開 - GIGAZINE

Windowsのセキュアブート機能が回避可能になっていたことが明らかに - GIGAZINE

無料DL期間が終了したWindows 10は引き続き無料のまま入手可能な状態であることが判明 - GIGAZINE

in ソフトウェア, Posted by logv_to