からあげグランプリ最高金賞連続受賞店と丸亀製麺が共同開発した「唐揚げざるうどん」を食べてきた


釜揚げうどんの「丸亀製麺」とからあげグランプリ最高金賞を3年連続で受賞している唐揚げ専門店の「揚匠しげ盛」が共同開発した「うどんに合う唐揚げ」がコンセプトの新メニュー「唐揚げざるうどん」が神戸の一部の丸亀製麺で期間限定販売されます。「うどんに合う唐揚げ」が一体全体どのような味わいになるのか気になったので実際に食べてきました。

~からあげグランプリ最高金賞を受賞した「揚匠しげ盛」とのコラボ商品~ 「唐揚げざるうどん」を神戸の丸亀製麺で限定販売!
(PDF)http://www.toridoll.com/ir/pdf/160725ku.pdf


というわけで、さっそく丸亀製麺にやってきました。「唐揚げざるうどん」は神戸市内の丸亀製麺限定で提供されるメニューとのこと。


店頭で「唐揚げざるうどん」の看板を発見。並盛りで税込620円です。


そんなわけで注文した「唐揚げざるうどん」の並盛りがこれ。つけ汁には店頭の看板をマネて天かすとネギを入れてみました。


これが「唐揚げざるうどん」。


揚匠しげ盛とコラボして開発したという「うどんに合う唐揚げ」は4つ添えられており……


薬味として大根おろし・しょうが・すだちがついています。


そしてうどんには白ごまがトッピング。


まずは唐揚げから食べてみます。


唐揚げは衣が薄めで、衣のザクザク食感よりもお肉の食感の方が強く感じられます。鶏肉は脂身たっぷりのジューシーな味わいではありませんが、下処理がしっかりしているのか非常にやわらか。鶏天よりも濃いめの味付けで、隠し味のゆずコショウがピリっと効いた和風な味わいです。


もちろん昆布と削り節からとった風味豊かな甘辛いつけ汁と麺の相性は抜群。


これに大根おろしを入れて……


唐揚げを漬けてみました。大根のおろしと甘辛いつけ汁を唐揚げの衣が吸い、大根おろしのおかげで口当たりはとてもさっぱりしているのですが、甘辛いつけ汁と唐揚げのピリ辛な味わいがあとから口の中に押し寄せて、「うどんと合う唐揚げ」というのも納得の味わいです。


もちろんすだちをしぼって唐揚げを食べてもOK。


なお、「唐揚げざるうどん」は2016年7月27日(水)から8月下旬までの期間限定で神戸市内の丸亀製麺で提供されます。ただし、磯上通店、さんプラザ店、プロメナ神戸店では取り扱いがないので注意が必要です。

・関連記事
子どもから大人まで楽しめるマイルドなカレー味のピザ「カレーじゃがバター」を食べてみました - GIGAZINE

ゴロッと野菜で夏仕様になったポークカレー「ナスカレー」「アスパラカレー」をすき家で食べてきた - GIGAZINE

厳選素材を使い24時間熟成製法で完全受注生産・数量限定のセブン-イレブン「金の食パンSpecial」試食レビュー - GIGAZINE

カリッと揚げたチキンと甘くスパイシーなカレーソースが絶妙な「バターチキンカレーバーガー」をフレッシュネス食べてみた - GIGAZINE

食べ応え抜群の厚切りカルビを思う存分食べられるやよい軒の「特盛厚切りカルビ焼肉定食」試食レビュー - GIGAZINE

本場NYで人気の日本初上陸バーガー「シャックマイスターバーガー」をシェイクシャックで食べてきた - GIGAZINE

in 試食, Posted by logu_ii