セキュリティ

Mac用のセキュリティソフトは一体どれが最も優れているのか?

By Benjamin Balázs

セキュリティソフトの比較検証を行う独立機関の最大手であるドイツのAV-TESTが、Mac用のOSである「OS X」向けセキュリティソフトウェア12種類のパフォーマンスを比較し、データを公開しています。

12 Security Suites for Mac OS X Put to the Test | AV-TEST
https://www.av-test.org/en/news/news-single-view/12-security-suites-for-mac-os-x-put-to-the-test/

AV-TESTは各セキュリティソフトの「マルウェア検出率」と、セキュリティソフト動作時のMacの「パフォーマンス」を比較しています。「マルウェア検出率」を調査するのはセキュリティソフトとしての実力を測るためで、セキュリティソフト動作時のMacの「パフォーマンス」を調査するのは、実際にセキュリティソフトを使用した際にPCのパフォーマンスがどのくらい下がるのかを確かめることでより実用的なセキュリティソフトを探し出すためです。AV-TESTが検証したセキュリティソフト12種類は以下の通りで、検証した12種類のうち4つは無料で使えるセキュリティソフトとなっています。

Avast Mac Security 2015 11.7(無料)
AVG AntiVirus 2015(無料)
Avira Free Antivirus 3.2(無料)
Bitdefender Antivirus for Mac 4.0
Canimaan Software ClamXav Sentry 3.5
Dr.Web Anti-virus for OS X 10.1
ESET Endpoint Security 6.1
Kaspersky Internet Security 16.0
Microworld eScan for Mac 5.5
ProtectWorks AntiVirs 2.0
Sophos Home 1.1(無料)
Symantec Norton Security 7.0

マルウェア検出率のテストでは、最新のウイルスデータを用いて新しく検出されたばかりのものも含めた120のマルウェアを検出できるかどうかテスト。その結果は以下のグラフの通りで、なんと12個中4つが検出率100%を記録し、11個が検出率90%を超えています。唯一検出率49.17%というトンデモナイ数値をたたき出したのは、ProtectWorks AntiVirsでした。


「Macでは動作しないWindowsをターゲットとしたマルウェアが、Macを感染源として広まる可能性もある」ということで、Mac向けのセキュリティソフトでWindows向けのマルウェアが検出可能かテストしたところ、ESET Endpoint Securityが最も多い1万1000種類ものマルウェアを検出可能でした。なお、その他で多くのWindows向けマルウェアを検出できたのは、Kaspersky Internet Security、Bitdefender Antivirus for Mac、Microworld eScan for Mac、AVG AntiVirus、Avast Mac Securityの5つだったそうです。

以下のグラフは、Macで各セキュリティソフトを動作させた状態で、839ファイル合計30.6GBものデータファイルをコピー/ダウンロードした際の動作遅延を調査した結果を記したものです。青色がファイルコピーにかかる時間、水色はファイルダウンロードにかかる時間を示しており、1番上の「Reference」はセキュリティソフトなしの場合のコピー/ダウンロードにかかる時間を示しています。


最も動作遅延が少ない、つまりはセキュリティソフトとして最も動作が軽快なのがBitdefender Antivirus for Macです。グラフを見るとわかる通り、上位6つのセキュリティソフトはほとんどMacの動作を遅延させることなくセキュリティソフトとしての役割を果たせる模様。対して、Dr.Web Anti-virus for OS Xはなんと合計で1387秒もの遅延を生み出してしまうようで、サクサクMacを使用したい場合は選択肢から除外した方が良さそうです。

これらの結果から、AV-TESTは有料セキュリティソフトの中ではBitdefender Antivirus for MacとESET Endpoint Security、無料のセキュリティソフトではAVG AntiVirusがオススメであるとしています。

・関連記事
アンチウイルスソフト「Avast!」がライバルの「AVG」を1300億円で買収へ - GIGAZINE

サイバーセキュリティになれる頭脳があるか判別できる6つの暗号解読テスト - GIGAZINE

バレやすい暗証番号やパスワードの代わりに指紋・音声・自撮りなどで認証を行う動きが加速中 - GIGAZINE

マルウェアにセキュリティソフトを組み込みユーザーを守るホワイトハッカーの登場か - GIGAZINE

どのアンチウイルスソフトがよいのかランキング2015年12月版更新、Windows Defenderがまさかの大健闘 - GIGAZINE

in ソフトウェア,   セキュリティ, Posted by logu_ii