乗り物

Appleの電気自動車のデビュー時期が当初より遅れると報じられる


「ひそかにAppleが電気自動車(EV)を開発している」というのはアメリカ・シリコンバレーでは公然の秘密です。Appleの徹底した秘密主義によって謎のベールに包まれたAppleカーですが、デビュー時期が予定よりも遅れるという報道がされています。

At Apple, the Sumner Boys Help Build a Car — The Information
https://www.theinformation.com/at-apple-the-sumner-boys-help-build-a-car

Shift your expectations, Apple Car introduction target reportedly slips back to 2021 | 9to5Mac
http://9to5mac.com/2016/07/21/apple-car-intro-date/

'Apple Car vertraagd, uitgesteld naar 2021'
http://www.iculture.nl/nieuws/apple-car-uitgesteld-2021/

The Informationは、AppleのEV開発プロジェクト「Project Titan」に近い関係者から、Appleカーの登場が当初よりも遅れる「2021年」に延期されたとの情報を得たと報じています。これまで、Appleカーの発表時期は2019年から2020年で、2020年のデビューを目指していると報じられてきましたが、1年ほど延期される事になった模様。

Project Titanを巡っては、プロジェクトリーダーのスティーブ・ザデスキー氏が「個人的な理由」で2016年1月にAppleを離れたことが明らかになり、EV開発に暗雲が垂れ込めていましたが、The Informationは、ザデスキー氏離脱はProject Titanに何らかの問題が生じているサインではないかと推測しています。


なお、2020年量産化という当初の計画についても、テスラモーターズのイーロン・マスクCEOは「遅すぎる。Appleはチャンスを逃した」と発言するなど、世界中で熾烈な開発競争が続くEVの世界のスピード感にそぐわないという意見もある中で、さらに完成時期が遠のいたことで、AppleがEV市場で存在感を出すためのハードルが上がったと言えそうです。

なお、ザデスキー氏なきProject Titanでは、パーソナルアシスタントSiriのエンジニアとしてAppleに加わったブライアン・サムナー氏が関与していることが明らかになっています。ちなみに、ブライアン氏には兄弟が2人いますが、ブライアン氏が優秀であったため、すぐに兄のケビン氏もAppleに加わり、続いて弟のマイケル氏も参加。ちなみに、マイケル氏が加入した後に「もう兄弟はいないのか?」と尋ねられたほど、サムナー兄弟のエンジニアとしての能力は高いようです。現在、三兄弟はみなProject Titanに加わりAppleカーの開発に取り組んでいるとみられています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
フォード社長が「Appleは自動車を開発している」と断言、はたしてライバルに勝てるのか? - GIGAZINE

「テスラの墓場」と呼ばれるAppleが「電気自動車開発プロジェクト」のためテスラの元幹部を雇用 - GIGAZINE

Appleが電気自動車の充電ステーションについて調査中と報じられる - GIGAZINE

Appleの建物から夜な夜な聞こえる「謎の音」と自動車開発を結びつけるものとは? - GIGAZINE

Appleのティム・クックCEOによる「自動車業界は大きな変化の準備中だ」などのイベント発言まとめ - GIGAZINE

Appleによる「自動運転カー」自社開発計画「タイタン」のウワサまとめ - GIGAZINE

Appleが自動車用電池メーカーから人材を引き抜いたとして裁判沙汰に、EV開発は確実か - GIGAZINE

Appleの電気自動車は2019年リリースで、Googleとは異なり自動運転カーではない可能性 - GIGAZINE

太陽光発電・低価格EV・カーシェアなど、テスラのマスク氏が今後の10年を示した「マスタープラン・パート2」とは? - GIGAZINE

in 乗り物, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.