ソフトウェア

バックスペースキーで前のページに戻れなくなった「Google Chrome 52」安定版リリース

by Tom Anderson

ウェブブラウザ「Google Chrome」の最新安定版であるバージョン「52.0.2743.82」のWindows版・Mac版・Linux版がリリースされました。48件の脆弱性修正のほか、Chrome 52の開発者向けバージョンで導入されて議論を呼んでいた「バックスペースキーを押して前のページに戻る」機能の削除が行われました。

Chrome Releases: Stable Channel Update
http://googlechromereleases.blogspot.jp/2016/07/stable-channel-update.html


修正されたのはPPAPIでサンドボックスをエスケープする脆弱性など48件で、最大で1万5000ドル(約161万円)のバグ発見報奨金が支払われています。

また、「バックスペースキーを押して前のページに戻る」機能が削除され、ページを戻ろうとしてバックスペースキーを押すと以下のように「Alt+←キーを押して戻る」という案内が表示されるようになりました。


さらに、CSSのcontainプロパティによって、親ノードの範囲外の要素をすべて無視することで、レンダリングにかかる時間が高速化。Venture Beatによれば、プロパティの有無でレンダリング完了までの時間が約1分変わることもあるようです。


ストリーミングのサポートが追加されることで、「Service Worker」の動作性能が向上。「データ量の大きなHTMLドキュメントを、レスポンス全体が利用可能となる前に順次レンダリング」できるとのこと。

Service worker page load with streams and without - YouTube


9to5Macによれば、Mac版ではマテリアルデザインと新たなアイコン、フラットな透過インターフェースになったそうです。

Chrome 52 for Mac introduces Material Design w/ new icons & flatter, transparent interface | 9to5Mac
http://9to5mac.com/2016/07/20/chrome-52-mac-material-design/


なお、次のChrome 53安定版は2016年9月リリースの予定です。

・関連記事
GoogleのChrome 52では「バックスペースキーを押しても前のページに戻れなくなる」ということで賛否両論が巻き起こる - GIGAZINE

Chrome 51では42件のバグがつぶされて総額720万円もの報奨金が支払われていたことが明らかに - GIGAZINE

「Google Chrome 50」安定版公開、Windows XPなどのサポートが終了し通知機能が改善 - GIGAZINE

Flash停止がついにChromeでデフォルトの初期設定になり再生ブロックされることが決定 - GIGAZINE

in ソフトウェア, Posted by logc_nt