メモ

有名企業のトップである14人のCEOがこの夏にどんな本を読むのかリストまとめ

by Christine

夏休みに入るにあたって、世界的な企業のリーダーたちはいったいどんな本を傍らに置いておく予定なのか、マッキンゼー・アンド・カンパニーがCEOのドミニク・バートン氏をはじめ、オートデスク、JPモルガン・チェース、LinkedIn、シスコなどのCEOらから、推薦図書リスト(今後数ヶ月で読む予定の書籍リスト)を聞き出しています。

What CEOs are reading | McKinsey & Company
http://www.mckinsey.com/global-themes/leadership/what-ceos-are-reading

ドミニク・バートン(マッキンゼー・アンド・カンパニー)
・「The Black Prince of Florence: The Spectacular Life and Treacherous World of Alessandro de' Medici」キャサリン・フレッチャー


・「The European Identity: Historical and Cultural Realities We Cannot Deny」スティーブン・グリーン


・「China's Mobile Economy: Opportunities in the Largest and Fastest Information Consumption Boom」ウィンストン・マー


・「The Seventh Sense: Power, Fortune, and Survival in the Age of Networks」ジョシュア・クーパー・ラモ


カート・バス(オートデスク)
・「Emerald Mile: The Epic Story of the Fastest Ride in History Through the Heart of the Grand Canyon」ケヴィン・フィダルコ


・「Ordinary Grace」ウィリアム・K・クリューガー


・「Out Stealing Horses: A Novel」ペール・ペッテルソン


・「Fundamentals of Press Brake Tooling」ベン・ラピーン


ハキーム・ベロ=オサーギ(Etisalat Nigeria)
・「Success and Luck: Good Fortune and the Myth of Meritocracy」ロバート・H・フランク


・「Shoe Dog: A Memoir by the Creator of Nike」フィル・ナイト


・「History's People: Personalities and the Past」マーガレット・マクミラン


・「The Tea Party and the Remaking of Republican Conservatism」シーダ・スコチポル、ヴァネッサ・ウィリアムソン


ジェームズ・ダイモン(JPモルガン・チェース)
・「The Conservative Heart: How to Build a Fairer, Happier, and More Prosperous America」アーサー・C・ブルックス


・「Ronald Reagan」ジェイコブ・ウェイスバーグ


リード・ホフマン(LinkedIn)
・「The Inner Lives of Markets: How People Shape Them—And They Shape Us」レイモンド・フィスマン、ティム・サリバン


・「More Human: Designing a World Where People Come First」スティーヴ・ヒルトン、ジェイソン・ベイド、スコット・ベイド


・「大衆運動」エリック・ホッファー


・「This Brave New World: India, China and the United States」アニヤ・マヌエル


・「The Gene: An Intimate History」シッダールタ・ムカジー


・「The Seventh Sense: Power, Fortune, and Survival in the Age of Networks」ジョシュア・クーパー・ラモ


アンドリュー・N・リバリス(ダウ・ケミカル)
・「賢明なる投資家」ベンジャミン・グレアム


・「The First Clash: The Miraculous Greek Victory at Marathon and Its Impact on Western Civilization」ジェームズ・レイシー


・「Australia's Second Chance」ジョージ・メガロジェニス


カルロ・メッシーナ(インテーザ・サンパオロ)
・「When Breath Becomes Air」ポール・カラニティ


Phuthuma Nhleko(Mobile Telephone Networks)
・「精神の生活」ハンナ・アーレント


・「The End of Alchemy: Money, Banking, and the Future of the Global Economy」マーヴィン・キング


ウォルター・ロブ(ホールフーズ・マーケット)
・「The Sleep Revolution: Transforming Your Life, One Night at a Time」アリアナ・ハフィントン


・「自由への長い道 ネルソン・マンデラ自伝」ネルソン・マンデラ


・「The Politicians and the Egalitarians: The Hidden History of American Politics」ショーン・ウィレンツ


チャック・ロビンス(シスコ)
・「Tattoos on the Heart: The Power of Boundless Compassion」グレゴリー・ボイル


・「Five Presidents: My Extraordinary Journey with Eisenhower, Kennedy, Johnson, Nixon, and Ford」クリント・ヒル、リサ・マクビン


・「The Seventh Sense: Power, Fortune, and Survival in the Age of Networks」ジョシュア・クーパー・ラモ


デヴィッド・T・シートン(フルーア)
・「Prisoners of Geography: Ten Maps That Explain Everything About the World」ティム・マーシャル


・「Dealing with China: An Insider Unmasks the New Economic Superpower」ヘンリー・M・ポールソン


ロベルト・セトゥーバル(Itaú Unibanco)
・「The Man Who Loved Dogs: A Novel」レオナルド・パドゥーラ


・「Fault Lines: How Hidden Fractures Still Threaten the World Economy」ラグラム・G・ラジャン


・「The Spinoza Problem: A Novel」アーヴィン・D・ヤーロム


リスト・シーラスマー(ノキア)
・「Superintelligence: Paths, Dangers, Strategies」ニック・ボストロム


・「Who Gets What—and Why: The New Economics of Matchmaking and Market Design」アルヴィン・E・ロス


・「クリプトノミコン」ニール・スティーヴンスン


・「Global Energy Interconnection」劉振亜


・「花木蘭(ムーラン)
(京劇)

ウェンデル・P・ウィークス(コーニング)
・「The Seventh Sense: Power, Fortune, and Survival in the Age of Networks」ジョシュア・クーパー・ラモ


・「ギリアド」3部作 マリリン・ロビンソン


・「サーチ・インサイド・ユアセルフ――仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法」チャディー・メン・タン


リストに出てきた本はほとんどがノンフィクションでした。

なお、重複はほぼゼロですが、「不連続変化の時代: 想定外危機への適応戦略」で知られるジャーナリストのジョシュア・クーパー・ラモの新刊「The Seventh Sense」だけは4人が回答。それだけ気になる本だったということなのでしょうか。

・関連記事
世界に影響を与えた100冊の本&文書をリスト化するとこんな感じ - GIGAZINE

「パーソナルコンピューティングの父」アラン・ケイ氏が薦める「読書リスト」99選 - GIGAZINE

ビンラディンが読んでいた本のリストをアメリカ政府が公開 - GIGAZINE

日本のAmazonが実績から選定した「オールタイムベスト小説100」が発表 - GIGAZINE

日本のAmazonで2016年上半期に一番売れたモノ各カテゴリー別全まとめリスト - GIGAZINE

in メモ, Posted by logc_nt