たった100円のレンチンするだけで簡単にだし巻きたまごを作れる「レンジで簡単!だし巻きたまご」を使ってみました


専用のたまご焼き器を使ってだし巻きたまごを作るのは、なかなか手間がかかりりるものですが、100円ショップのザ・ダイソーから電子レンジを使ってだし巻きたまごを作れる「レンジで簡単!だし巻きたまご」という便利グッズが登場しています。たった100円という価格で、しかもレンジでチンするだけで簡単にだし巻きたまごができるとのことなので、実際に使ってみました。

レンジで簡単!だし巻きたまご
http://www.daiso-sangyo.co.jp/blog/wadayuki/2015/10/post-308.html

ザ・ダイソーで税込108円の「レンジで簡単!だし巻きたまご」を購入。


袋から取り出すと、ペン立てのような器が出てきました。


「レンジで簡単!だし巻きたまご」はiPhone 6s Plusの3分の2くらいの大きさで、コンパクトなサイズです。


黄色の留め具をパチッと外すと……


透明の本体容器と黄色のフタに分かれます。


早速調理開始。まずは、たまごを1個用意します。Mサイズ以上のたまごを使うときれいに作れるそうです。


たまごを本体容器に入れて……


水大さじ1杯を加えて、よく溶きほぐします。白身を切るように混ぜると、加熱後に白身のダマができないとのこと。


よく溶きほぐしたら、電子レンジに入れて500Wで40秒加熱します。


加熱が終わったら本体容器を電子レンジから取り出します。


この段階では、たまごの半分くらいに火が通っている状態。


加熱したたまごに、顆粒のだしを小さじ1/3と砂糖を少々加えます。


再びよくかき混ぜます。


かき混ぜたら電子レンジに入れて、再度500Wで40秒加熱。


40秒後に取り出すと、たまごがかなり膨らんでいました。


次は、本体容器に黄色のフタをかぶせて……


ギュッと押し込みながら留め具をとめます。


この状態で1分待機。


1分経過したらフタを取り外します。だし巻きたまごの表面はきれいに型が付いています。


本体容器を傾けると、コロコロとだし巻きたまごが出てきました。


見た目は結構本格的です。


本格的なだし巻きたまごのようにたまごが何層にも連なっていませんが、きれいな断面です。


4等分してお皿に盛り付けてみました。見た目だけだと、レンジでチンして作ったとは思えないレベルです。


一口食べると、フワッとした食感がちょうど良い感じ。油を一切使っていないためヘルシーです。味は自分で調整できるので、何回か作ってみて好みの味付けを見つければOK。調理スタートから5分後には完成していたので、時間がないときや、おかずにもう1品欲しいとき、またはお弁当のおかずが足りないときなどさまざまなシチュエーションで使えそう。


「レンジで簡単!だし巻きたまご」は全国のザ・ダイソーで販売中。たった100円なので、気になる人はお試しで買ってみてもよさそうです。

・関連記事
世界初の携帯型電子レンジ「Wayv Adventurer」 - GIGAZINE

電子レンジで焼きの調理ができる「焼けるんプレート」で魚と肉を焼いてみたレビュー - GIGAZINE

電子レンジでお米が炊ける700円台の炊飯器「備長炭 ちびくろちゃん」でモチモチご飯は作れるのか? - GIGAZINE

電子レンジに入れてはいけないものを入れてチンしてみるムービー - GIGAZINE

274

in レビュー,  ハードウェア,  , Posted by darkhorse_log