動画

元スパイが恐怖の自動車ハッキングを実演、ブレーキやハンドルを操作するなど何でもあり


暗号解析や通信傍受など電子スパイ活動を行うアメリカのNSA(国防総省国家安全保障局)で働いていた経歴を持つハッカーが、自動車をハッキングする様子を収めたムービー「Hacking a Car with an Ex-NSA Hacker: CYBERWAR (Clip)」が公開されています。PCからワイパーを動かしたり、ハンドルを操作したりする恐ろしいハッキングは衝撃の一言につきます。

Hacking a Car with an Ex-NSA Hacker: CYBERWAR (Clip) - YouTube


取材を行うベン・マカッチ記者は、元NSA職員のハッカーと会うということでかなり緊張した様子。


1台の自動車が停止し、サングラスを掛けた男性が自動車から降りてきました。この男性が元NSA職員でハッカーのチャールズ・ミラー氏です。今回はミラー氏が運転してきた自動車をハッキングしてみせるとのこと。


自動車を運転するのはマカッチ記者です。マカッチ記者が「自動車のどの部分からハッキングを行うのですか?」と聞くと……


ミラー氏が指さしたのは自動車のヘッドユニット。カーナビやラジオといった機能を搭載しているヘッドユニットは、アップデートを行うためインターネット接続されており、ある脆弱性をつけば任意のコードを実行させることが可能とのこと。なお、ミラー氏は、ムービーに登場するヘッドユニットだけに脆弱性があるのか、それとも他のヘッドユニットにも脆弱性があるのかどうか明らかにしていません。


ヘッドユニットをハックすることで、自動車のステアリングやブレーキなどありとあらゆることに命令を送れるとのこと。さらには、エンジンを切るというかなり危険なハッキングも可能です。


リモートでのハッキングも可能とのことですが、今回はPCをヘッドユニットに接続してハッキング。


ミラー氏がPCでコマンドを送ると……


突如ラジオが起動して音楽が流れました。


ミラー氏は過去に今回のハッキングをPCではなく携帯電話を使って実行済み。「1回の操作で何百万台の自動車のラジオを起動させられる」と恐ろしい発言が飛び出します。


今度はミラー氏と友人のクリス氏の絵がヘッドユニットに表示されました。


ミラー氏が「今度はもう少し危険度が高いハッキングを見せよう」と言ってPCをカタカタたたくと……


フロントガラスのワイパーが動き出しました。マカッチ記者は「ワオ、ハハハ」と言いながら明らかに引きつった表情を見せます。


「本当に何でもできるんですよ」と言って再びPCを操作するミラー氏。


すると、時速7マイル(約11km)と表示されていたスピードメーターが……


時速40マイル(約64km)まで上昇。変わったのはスピードメーターの表示だけで、実際の走行速度は変化なし。


信号で止まった際には「赤信号で止まっていても急発進させられるよ。でも、今回は危険だからやめておこう」とつぶやくミラー氏。


マカッチ記者は「本当ですか!?」とかなり驚いた様子を見せます。


道路ではできない少し危険なハッキングを体験するため駐車場にやってきました。


ミラー氏がハッキングを行うと、自動車は停止した状態であるのにも関わらず、突然動き始めます。理由は不明ですが、ハッキングで自動車を動かすと「ブーン」という音がなっていました。


今度はギアをバックに入れて停止。


マカッチ記者はハンドルから手を離していますが、勝手にハンドルが動いて自動車はバックをし始めました。


操作しているのはミラー氏です。ミラー氏によれば、このハッキングを使えば走行中の何百万台もの自動車のギアをニュートラルに入れることも可能とのこと。ただし、ブレーキとハンドルに関しては、ハッキングできるものの可能なことに限りがあるそうです。


ミラー氏は「ハッキングして何かをしようと考えているわけではありません。脆弱性を見つけて修正したいだけです。自動車に搭載するテクノロジーが新しいほどハッキングしやすい。Wi-FiやBluetoothに対応していたり、ハンドル操作アシスト機能がついていたりなど、コンピューターで制御する機能が搭載されている自動車ならハッキングは可能です。問題なのは、1つの脆弱性が修正されず放置されているままなのか、それともこの脆弱性はたくさんあるうちの1つにしかすぎないのか、ということです」と警告しています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ハッカーがテスラ・モデルSにLinuxをインストールすることに成功 - GIGAZINE

伝説的ハッカーが自動運転カーをわずか1カ月で自作、すでに公道走行済み - GIGAZINE

iPhoneの音声アシスタントSiriに電磁波を送って乗っ取る方法とは? - GIGAZINE

ハイテク機器と言うべき現代の自動車のデータセキュリティがお粗末過ぎるとの指摘 - GIGAZINE

鍵が不要のスマートエントリー搭載の自動車を再プログラミングで盗む手口が続発中 - GIGAZINE

in 乗り物,   動画, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.