Mac対応で超絶シンプルなデザインのChromiumベースのブラウザ「応量器」


必要最小限のものしか持たないシンプルなスタイルを好む「ミニマリスト」という生き方が注目を集めましたが、そんなミニマリストよろしくシンプルであることを重視したデザインを持つブラウザ「応量器(Ōryōki)」が開発されています。

Ōryōki
http://oryoki.io/

応量器はMac OS 10、11に対応したブラウザです。まずは、上記サイトの「Download」をクリックしてZIPファイルを保存します。


保存したZIPファイルを解凍したフォルダ内の「Oryoki.app」を実行すると、「Oryoki.appは、開発元が未確認のため開けません。」という警告が表示されました。


そこで「Control」キーを押しながら「Oryoki.app」を実行して、「開く」をクリック。


「開く」をクリック。


画面に応量器のウィンドウが開きました。


応量器は黒色背景に灰色のテキストボックスがあるだけというシンプルな画面です。テキストボックスは検索ボックスになっているので、「gigazine」と入力して検索すると……


Google検索による「gigazine」の検索結果が表示されました。


応量器はウィンドウを最大化することも可能です。「最大化」ボタンをクリックすると……


こんな感じ。


なお、「command」+「alt(option)」+「M」を同時に押すと、画面右下にウィンドウサイズが横×縦で表示されるので、数字を指定してウィンドウサイズを変更することも可能です。横・縦の文字入力は「tab」キーで切り替えればOKです。


GIGAZINEのトップページを表示するとこんな感じ。


画面にはスクロールバーなどはありませんが、上下キーを操作すると、画面右端にスクロールバーが現れて画面をスクロールできます。


上端にタイトルバーがあるだけというシンプルなスタイルですが……


「command」+「/(スラッシュ)」を同時に押すことで、タイトルバーの表示/非表示を切り替えることもできます。


また、「command」+「shift」+「C」を同時に押すことで画面をキャプチャができ、メモなどで貼り付けることも可能。


「command」+「alt」+「I」を同時に押すと、Chromeの「devtools(開発者ツール)」を表示できます。


「cmmand」+「L」を同時に押すと、テキストボックスに開いているページのURLが表示される「omnibox」という画面に切り替わります。


omnibox画面で「tab」を押すと、「lucky」モードに切り替わりますが、記事作成時点では機能は割り当てられていない模様。


さらに「tab」を押せば、Google検索できる「search」モードに切り替わります。


なお、記事作成時点での応量器はバージョン「0.0.3」という、ごく初期のベータ版で、ウィンドウ左上の閉じるボタンがうまく効かないので、アプリを終了するには「Oryoki」→「Quit」の順にクリックする必要がありました。


応量器はChromiumをベースにElectronによって開発されているMac OS用ブラウザで、開発者のThomas Buffet氏はロス在住とのこと。なぜ「応量器」というネーミングなのかは謎ですが、Chromiumベースのシンプルデザインで軽いブラウザとして、今後さらに開発が進むことが期待されます。

・関連記事
Chrome+広告ブロック機能よりも約45%高速化した広告非表示ブラウザ「Opera developer」を実際に使ってみました - GIGAZINE

Operaが無料のVPNをブラウザネイティブで搭載へ、使い方はコレ - GIGAZINE

最速を称する64ビット版ウェブブラウザ「Waterfox」 - GIGAZINE

タブブラウザSleipnirのフェンリルがデザインにかける思いを具現化した「デザインスタジオ」写真集&デザインへのこだわりをインタビュー - GIGAZINE

無料でファイルサイズ制限なしにWebRTCでブラウザからファイルをP2Pで直接安全に転送できる「Bitf.ly」 - GIGAZINE

ソフト・ファイル・フォルダなどをまとめて検索・即起動できる無料のWindows用ランチャーソフト「Wox」 - GIGAZINE

次期「Safari 10」では最初からAdobe Flashが無効化される - GIGAZINE

Firefoxが全世界のブラウザシェアでついにMicrosoftを抜いたことが明らかに - GIGAZINE

ChromeがノートPCのバッテリーを最も減らすブラウザであるということがMicrosoftのテストで判明 - GIGAZINE

69

in レビュー,  ソフトウェア, Posted by logv_to