×
ゲーム

モンスター級のハイスペック新型Xbox「Project Scorpio」が発表、4Kゲーム&VRに対応


Microsoftは世界一のゲーム見本市「E3 2016」でプレスカンファレンスを実施し、最新の小型ゲーム機「Xbox One S」を発表しましたが、発表会の最後で4Kゲームや高精細なVRに対応するハイスペックマシン「Project Scorpio(コードネーム)」の存在を明らかにしました。

Xbox @ E3 2016 | Xbox
http://www.xbox.com/ja-JP/e3

プレスカンファレンスで発表されたXbox One Sとは別に……


「Project Scorpio」というハイエンド版Xbox Oneが発表されました。


Project Scorpioは統合するGPUコアの理論演算性能値が6 TFLOPSに達するモンスターマシンで、4K/60fpsや高品質のVRに対応するとのこと。プロセッサは8コアで、ダイのところに4Kの文字が彫られています。


Project Scorpioは記事作成時点で開発プロジェクト段階。発売は2017年ホリデーシーズンになるとのこと。


Xbox Oneとの互換性があり、Xbox One向けのゲームをプレイすることもできます。


Xbox部門責任者フィル・スペンサー氏は「開発段階での発表はクレイジーだと思いますが、ユーザーの立場で考えると、できるだけ多くの情報を知ってからどのコンソールを買うか決めたいと思いました」とコメント


発売はまだまだ先になりますが、今から発売が待ち遠しいくらいハイスペックなゲーム機になっているようです。


・つづき
Microsoftが史上最小サイズで最強のパワーを持った新型Xboxの「Xbox One X」を発表、本体価格は約5万5000円で11月発売 - GIGAZINE

・関連記事
新型「Xbox One S」が正式発表、40%小型化&電源内蔵、HDRゲーム&4KムービーやBlu-rayも - GIGAZINE

約2000万本売れた驚異的なゲーム「スカイリム」のPS4&Xbox One向けリマスター版が発表、しかもMODに対応 - GIGAZINE

「Fallout 4」と「DOOM」のVR版をBethesdaが発表、対応機種と発売時期が明かされる - GIGAZINE

4KウルトラHD&HDR出力対応で40%小型化した新型「Xbox One S」の画像がリークされる - GIGAZINE

in ハードウェア,   ゲーム, Posted by darkhorse_log