高速・高耐久・大容量のSSD「Intel Optane」の登場時期が流出資料から明らかに


Intelが2016年に発売予定のSSD「Intel Optane」の情報が、スライド資料の流出という意外なところから明らかになりました。

新品將陸續登場,Intel Optane 技術搭配 Kaby Lake 平台 – BenchLife
https://benchlife.info/mansion-brighton-stony-beach-and-pro-6000p-600p-for-kaby-lake-06112016/


Intel lets slip roadmap for Optane SSDs with 1,000X performance | Computerworld
http://www.computerworld.com/article/3082658/data-storage/intel-lets-slip-roadmap-for-optane-ssds-with-1000x-performance.html

これは台湾のIT系ニュースサイト・BenchLifeが入手した、Intelのロードマップから明らかになったもの。


現在、Intelは第6世代マイクロアーキテクチャ「SkyLake」世代のプロセッサを扱っていますが、ロードマップによると、2016年第3四半期に第7世代の「KabyLake」が登場する見込みで、2016年第4四半期からは「Intel Optane」のSSDやメモリーの展開が始まると記載されています。

「Intel Optane」で採用されている規格は、Intelが2015年に、Micron Technologyと共同開発した次世代メモリ規格「3D Xpoint」。「DRAMより安く、NAND型フラッシュメモリより早い大容量メモリ」を目指して作られたもので、記録密度はDRAMの10倍、読み書き速度はNAND型フラッシュメモリの1000倍で、耐久性も同様に1000倍あるとのこと。回数に直すと100万回の読み書きに相当し、事実上、ずっと使えるメモリが作れることになります。しかも不揮発性という点もNAND型フラッシュメモリと同じです。

ロードマップでは、2016年第4四半期から2017年第1四半期にエンスージアスト向けに「Intel Optane SSD PCIe/NVMe Gen 3×4」(Mansion Beach)、「Intel Optane SSD PCIe/NVMe Gen 3×2」(Brighton Beach)、「Intel Optane Memory PCIe/NVMe Gen 3×2 (m.2) System Acce. Gen 1.0」(Stony Beach)の3製品の名前が見られます。

また、計画中のところにはMansion Beachのリフレッシュ、「Intel Optane SSD Gen 3×4 (m.2/BGA)」「Intel Optane Memory Gen 3×4 (m.2/BGA) System Acce. Gen 2.0」(Carson Beach)の名前も見えています。

・関連記事
最大10コアで20万円超えのIntel最新プロセッサ「Broadwell-E」の実力は?ベンチマークテストの結果はこんな感じ - GIGAZINE

ついに発売された第6世代Intel Coreプロセッサ「Skylake」の実力を徹底的に調査 - GIGAZINE

Intelが「チックタック」戦略を廃止して3ステージ制を採用、ユーザーへの影響とは? - GIGAZINE

Intelが制限を解除してオーバークロック可能だったプロセッサの穴をブロック - GIGAZINE

Intelが全従業員の約11%に相当する1万2000人をクビに、原因は? - GIGAZINE

「ムーアの法則」の終焉は何を意味するのか? - GIGAZINE

132

in ハードウェア, Posted by logc_nt