×
ネットサービス

論文を失業中の教授などが代わりに書いてくれるサービス「UnemployedProfessors.com」

by randychiu

2016年5月にアイオワ大学で留学生の替え玉受験・論文代行・不正入学などを請け負う業者の存在が明らかになりましたが、それよりも以前から、アメリカには失業中の教授らが学生の論文を代わりに書いてくれるサービスが存在しています。

Buy College Essays, Custom Term Papers
http://unemployedprofessors.com/


UnemployedProfessors(@TheUprofessors)さん | Twitter
https://twitter.com/theuprofessors

サービス名はストレートに「Unemployed Professors(失業中の教授たち)」。仕組みは非常に簡単で、論文や宿題を出されたときに、このサイトにユーザー登録して、やってくれる人にお任せしてしまい、自分はパーティーに繰り出したり、寝ていればOK、というもの。

How to buy a term paper
http://unemployedprofessors.com/Howitworks.aspx


本当かウソかはわかりませんが、執筆担当者として多くの「教授」たちが待機しています。少なくとも、論文の丸コピペではすぐにバレてしまうので、「オーダーメイド」で1人1人に合わせて作ってくれるのがこのサービスのいいところ。価格はサイト上には掲載されていませんが、およそ200ドル(約2万円)ほど。納期と価格、執筆者と依頼者の需給関係で価格は変わるようです。

Meet Our Professors
http://unemployedprofessors.com/Our_Professors.aspx


書き上がった論文・宿題は、そのままデータで提出してもよし、印刷してもよし。著作権ごと譲渡されるので、受け取ったらあとは好きにしてOKだとのこと。FAQには「違法ではないのですか?」という質問がありますが、「断じて違います。あなたのニーズに応じてカスタマイズされた研究を提供するだけです」と回答がついています。

・関連記事
ノーベル賞受賞者の論文ですらランクインしない「世界で最も引用された論文トップ100」 - GIGAZINE

やるべきことを締切直前まで先延ばしにしてしまう心理に迫る「Inside the mind of a master procrastinator」 - GIGAZINE

4700万件の研究論文を「科学の発展」のためタダで読めるようにしている海賊版サイト「Sci-Hub」 - GIGAZINE

他人の論文をネットで共有したことにより大学生が禁固8年+罰金の危機 - GIGAZINE

研究論文を無料で読める「Sci-Hub」が論文ビジネスに与える影響とは? - GIGAZINE

レポートがコピペかどうか判定できる「剽窃チェッカー」デスクトップ版、Word・PDFなど複数ファイル比較が可能 - GIGAZINE

ついに論文やレポートの「コピペ」を摘発するサービスが日本上陸 - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by logc_nt